« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006/03/26

PSE法とデジタル放送

電気用品安全法(PSE法)の4/1施行を前にして中古品販売を巡っての様々な動きがありましたが二転三転して結局は事実上の容認と言うことに落ち着いたようです。
これは世論が政治を動かしたという意義のある結果であると思います。
この法律の成立した背景には天下り官僚の受け皿確保とか色々と憶測はありますが今回の騒動は経済産業省の告知不徹底が根本原因であり、お役所仕事という言葉がこれほど当てはまる事件もないでしょう。
確かに製造業者に対する告知はかなり以前からされてはいましたが販売・流通方面に対しての認知はほとんどされておらず施行を目前にした今年になってから取り沙汰されたと言うのはお粗末過ぎます。
5年以上もの猶予期間があったにもかかわらずこのような事態を招いたこと対する責任と対策はまだ曖昧なままです。

さて告知と認知と言う点においてはデジタル放送開始に伴うアナログ停波についても同様なことが言えます。
はたしてどれだけの国民がこのことを認知しているのかはなはだ疑問です。
また地上波アナログ放送の停波は知っていてもBSアナログ放送も停波になるということを知っている人は更に少ないでしょうね。
NHK、民放各局にしてもことあるごとに告知スポットを放映するべきでありますが、そのような動きは今のところありません。
当然アンテナの付替工事などの作業も必要となって来るのですが一軒家ならまだしも集合住宅では管理者が認知していなければどうしようもありません。

メーカもオリンピックやワールドカップ等のイベントに合わせて大型デジタルTVの普及を進めていますが、それだけで済む問題ではありません。
TVの寿命はおおよそ10年と言われており、だとしたら2011年の停波の10年前の2001年から積極的に告知されるべきでしたが新規に販売されるアナログTVについては2011年の停波で使用出来なくなるという表示を義務付けられたのは昨年になってからです。
一方デジタルチューナ搭載のTVは大型のみで寝室用とか設置環境の都合による小型TVの需要はまだまだあるはずですが、デジタル対応の小型製品は単体チューナ以外ばほとんどありません。
またデジタルTVは高画質、高機能を売りにしていますがその分操作の複雑さが増しており現状のTVに慣れている高齢者等はおいてけぼりになっているきらいもあります。
さらにデジタル放送には著作権保護の仕組みとしてB-CASカードと言うものが必要なのですがこれが搭載できるのは地上、BS、110度CSの3波チューナ搭載の製品に限られており必然的に高額商品にならざるを得ないと言うこともあり普及に歯止めをかけている要因になっています。

このようにデジタル移行への問題は山積しておりますが行政、メーカのいずれも十分な活動はしていないと言わざるを得ません。
PSE法と同様に2011年になって初めて大騒ぎになる様な気がしてなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/03/20

星の鼓動は愛

本日はたまたま仕事が休みとなりましたので劇場版「機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛」を観て来ました。
平日の午前中とは言え劇場はそこそこの入り。この作品の人気の高さがうかがえます。

リアルタイムでTVシリーズを観ていた方は御存じでしょうが物語終盤であるこの第3作ではエウーゴ、アクシズ、ティターンズの三勢力が入り乱れて複雑な様相を見せています。
劇場版だけではストーリーを追うだけでもかなり厳しいという敷居の高い作品というのは否定出来ません。

ほとんど全編を通じて戦闘シーンの連続で緊張感に溢れていますが、所々ほっとさせる様な場面が挿入されて楽しかったですね。
シャア、ブライト、ヘンケンのおやじ三人がケーキをつつきながら会話してるのは妙に可笑しかったですねぇ。
この時のヘンケンに対するエマの世話焼き女房っぷりから映像では語られて無い部分でこの二人の関係がそれなりに進んでいたのではないかと想像できます。
あとアクシズとの会見決裂というシビアな場面にもかかわらずエマとヘンケン艦長のやりとりが微笑ましく見えました。
それがラスト近くでエマをかばって散ったヘンケンの男気を際立たせています。そんな彼を後押しして殉じたラ−ディッシュのクルーも漢でした。

一方、女性を利用して覇権を狙うシロッコというキャラがこの短時間ではうまく引き出せていない様でレコアやサラの心情に説得力がなかったと感じました。
その結果、彼女らとカミーユとのやり取りは今一つパンチが弱かったです。逆にファのヒロインとしての見せ場が多かったかな。
TVシリーズではその妄執からカミーユの精神を道連れにシロッコは消えて行ったのですが、本作ではその部分が改変されてTVとは違った結末となっていました。
ネタバレになるので詳しくは書きませんがサエグサさん、あんた最高だ(笑)
ということでこのままではZZへ続ける事は難しくなっちゃいましたね(^^;
もっともヤザンが脱出して生き延びた描写もありましたので何らかの形でZZをやるつもりがあるのかもしれません。
この後ミネバ様は地球に降りるらしいのでそういう話もあるのでしょうか?

ここで忘れちゃいけないのがジェリド君。今回はまったくもって見せ場無しで雑魚キャラの様に退場。
劇場版では一番哀れな扱いのキャラになっちゃいました。

エピローグでまさかのセイラさん登場。
声もライブラリ出演ながら井上瑶さんというのはファンには泣かせるニクイ演出でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/18

FFポーション

最近は本業が忙しくて連日遅くまで残業していました。
さて数日前のことです。
会社の近所のコンビニに夜食を買い出しに行っていた同僚が戻って来るとお土産と言って僕の目の前に鮮やかな青い瓶が置かれました。
とにかく美味しく無いと評判ですがこれが噂のファイナルファンタジーXIIポーション。

蓋を空け、まずはキャップの中に中味を少しだけ出してみました。
瓶だけかと思ったら中味も青色。
なんか甘ったるい化粧品の様な香もしてます。
原材料表示を見ると各種ハーブと青色1号とあります。
なにげにヤバそうな感じです。(^^;

そして意を決して恐る恐る飲んでみました。
ファイト一発な健康飲料の様な味。
飲めない程では無いけど好んで飲もうとは思えませんでした・・・・。

これで本当にHP回復できるんでしょうかね?
とりあえずお腹壊したりはしませんでしたが。

ゲーム業界に関係してる知人から聞いた話ですが、サントリーがポーションのサンプルをスクエアエニックスに贈ったところ、それを飲んだ開発チームの大半がお腹壊したそうです。
徹夜続きの弱った体にはきつかったのかな?(^^;
ポーションじゃ無くてショボーンだそうで・・・・。

そして激務が明けて週末。
あの青色の瓶にはテスタロッサの塗装のために調合した青色の塗料が入っています。(爆)
シンナーの匂いもポーションの香もあまり変らない様な気がしています。(苦笑)

そう言えば今週はファイナルファンタジー最新作の発売がありましたが買うのに徹夜で並んでいたりした人は居たのかな?
もしかしてポーション飲みながら並んでたんでしょうか?(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/14

健康診断

今日は会社の定期健康診断でした。

まずは血圧。検査機に腕を入れてスタートボタンを押すだけで自動的に結果が出ます。
まぁ同様の家庭用の機器もあるのでそれほど驚く事もないですね

次は採血。
下手な人にやってもらうと凄く痛いのですが今回はすっと針が入ってほとんど痛みもなくすぐに終りました。

続いて視力検査。
双眼鏡の様な機械を覗き込んで次々と映し出される「C」の字の切れ目方向に合わせてジョイスティックを動かしその正当率から視力を自動判定。
僕自身は眼鏡着用なので裸眼では0.2もないのですが昨年運転免許の更新に合わせて新調した時に計った矯正視力と今回の検査結果はぴたりと一致しました。
なかなか判定アルゴリズムは正確のようです。
そういえば中学生の時の同級生で保健室の視力検査表を丸暗記していつも2.0とかの結果を貰っていたやつがいたのですがこの検査機ではその手はつかえませんね(^^;

身長体重を測定はデジタル表示になったくらいで得に変哲はなし。

最後の胸部レントゲンは一見今までのものとは変りがなかったのですが、撮影が終って隣の部屋の医師の問診を受けた時に既に先生のデスクのPCの画面には数分前に撮ったばかりの僕の胸部透影写真が表示されていました。
つまり先程のレントゲンカメラはX線デジカメでオンラインでPCにデータを送っていたと言う事です。
そしてその場で異常はないとの診断結果を貰いました。
以前ですと結果が出るまで何週間もかかっていたので、万一異常が発見されても早期対処が可能になります。

このようにデジタル化自動化が進んだおかげで各検査項目での待ち時間もなく20分ほどで全検査行程は終了。
なかなか便利になったものです。最近の医療検査機器のデジタル化はかなり進んでいてそれ目のあたりにした日でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/12

赤い頭の青の騎士

先週、入手した1/35ガレージキット「テスタロッサ」を仮組してみました。

testa-rossa01
なかなか良いプロポーションで、ポリキャップにより各関節が可動という優れものキットがこの時点でも体感出来ました。
ただ設定よりは少しオーバースケール気味な気もしますが最終決戦ATとしてのヒーローメカの雰囲気はたっぷりですね。
長大な楯とパイルバンカーがあればこれだけで負ける気はしません(^^;
これがもう絶版なんて残念でなりませんね。コトブキヤさんには是非とも再版して欲しいものです。

testa-rossa02

リアビュウでも複雑なユニット構成が判るかと。
もはやATとは言い難い造型ですが申し分なくカッコイイのでオレ的にはOK!
ちなみにテスタロッサとはイタリア語でTesta Rossa。英語にするとRed head。
ベルゼルガから意匠を引き継がれた頭部の角飾りが真紅に染められている事に由来します。
ボトムズ世界で何故イタリア語なのかは深くは考えない事にしておきましょう(笑)
某高級外車とは関係ないようなあるような・・・・
原作のはままさのり氏が車好きと言うのは有名だったりしますが(^^;

testa-rossa03

シーエムズコーポレーションから発売中のベルゼルガBTSとの揃い踏み。
商品としてはノンスケールですがほぼ1/35スケールということで並べてみました。
同社からは近日ゼルベリオスがでるのでケインの搭乗機が揃いますね。
この後はシャドウフレアも発売予定なので対決シーンが組めますので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/05

アキバとんかつ紀行

昨年末で改装のために一時閉店したアキハバラのとんかつ丸五ですが、再開まではまだしばらくあるしそろそろトンカツ分を補給したいなぁと言う事で昨日の土曜に仲間2人と別の評判の店へ行く事にしました。
目指すは都内で最も旨いと言う店、勝漫です。
午後1時過ぎに電気街から少し離れた店の前まで行くと既に5〜6人の行列があり、とりあえず最後尾に並んでみたのですが何故か「準備中」の札が店の前にあるのに気付きました。
自分達の前に並んでいた人が言うのには「今日はもう肉が品切れでこの後の分はない」とのこと。
いきなり出ばなをくじかれました。土曜は昼間の営業だけなので材料の仕込みも控えめだったのでしょう。読みが甘かったのを痛感。

このまま昼食をしないわけにもいかないので電気街方面へ戻りもう1件の目当ての店富貴へ。
こちらは問題なく店に入れました。女性だけで営業している家庭的な雰囲気の店でした。
早速、上ロースかつ定食を注文。
ほどなくして出て来たカツはかなり大きくボリュームたっぷり。それに具沢山の豚汁にお新香とごはん。
トンカツの味の方は値段相応と言う感じですが惜しむらくは火を通し過ぎて肉がやや固めになっていたことかな。さすがに丸五とくらべるのは酷でしょう。
とはいえこの量はコストパフォーマンスがかなり良いですね。店員の女性の対応も良く良い雰囲気で食事が出来ました。
ご飯と豚汁をおかわりしたのでかなり満腹になりました。おかげで昨日は夕食時になってもお腹が空きませんでした(^^;

その後は腹ごなしでアキバを散策して解散しました。
そのあと一人で電気街を巡った際に先日のワンフェスで買い損ねたテスタロッサとは別の商品ですが、既に絶版になったコトブキヤ製のキットを中古店で発見。
良プロポーションの逸品ですし新品未開封で価格も定価と同じでしたので迷わず購入。
ちょっと散財でしたがトンカツも食ったしまぁよしとしましょう(苦笑)

testarossa

本日の結論。
トンカツはアキバの丸五にかぎる(^^;
早く再営業して欲しいなぁ・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »