« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006/04/30

本当の贅沢

昨日の土曜から連休になった人も少なからずいるかと思いますが、実は僕も5/1、5/2を休暇取得したので9連休となってます。
なにせ休暇を消化するのにはこういう機会でもないとね。毎年、無駄に消滅してますし。
といってこの長期休暇に何をするのかは実は決めてなかったりします。
きままにその時に思い付くことをやってだらだらと過ごすつもりです。
勿体無いどこか旅行にでも行けば良いのにと思われるかもしれませんが、これが僕なりの贅沢。
長い休みがあるから1分1秒も無駄にせずに使おうと言うのは強迫観念に近いかと思います。それじゃリラックス出来ません。
何もしないでただ時間が過ぎるままに過ごすのは、やろううと思ってもなかなかできるもんじゃないのでこれぞ真の贅沢かな。

といいつつ昨日、今日で溜まってたアニメ視聴の消化をしてるのはちょっと悲しいかも(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/29

涼宮ハルヒの憤慨

春の新番組アニメの中で異彩を放ち話題を一手に集めているアニメ版も好評放映中の涼宮ハルヒシリーズの最新刊です。
今回は「編集長★一直線!」「ワンダリング・シャドウ」の短編2つが収録です。

「編集長・・・」の方はこの手の学園を舞台にした部活物(SOS団は正規の部活ではないですが)では避けて通れない生徒会との対決ですね。
SOS団が寄生する文芸部を潰すという絡め手で攻める生徒会に対して文芸部の機関誌を作ることで対抗すると言う展開ですが、このシリーズですから一筋縄では行かなくてこの対決自体が色々と裏があるんですよね。
そこで主人公キョンは自分の体験を元にした恋愛小説を書くことになってしまったのですが、意外な過去が判明してそれにハルヒがやきもきすると言うツンデレ状態が微笑ましかったです。(^^;
これまでで一番ハルヒが焦りを見せたんじゃないかな?
その他のいつもの面々が書いた文章もなかなか楽しませてくれました。
敵が強大であればある程その分生き生きとするハルヒの活躍が十分堪能出来ました(^^;
ふと思ったのですがハルヒの唯我独尊ぶりって某光画部の先輩と対決させたらどちらが勝つですかね?(^^;
それこそ世界の破滅かも?(苦笑)

「ワンダリング・・・」は不思議ワールド系で地味ながらまたも長門有希の大活躍です。
彼女ほど地味なスーパーヒロインも類を見ないでしょう。
同じ地味でもR.O.D.の読子とは方向性が逆ですね。読子も特種能力を持ってはいるんですが・・・。
以前、作者も後書きで書いてた様にシリーズ名を「がんばれ長門さん」とした方が良いと言うのもうなずけます。

アニメ版も先が読めない展開ですが原作も色々な謎が収束する気配がまだないのでしばらく楽しめそうです。

角川スニーカー文庫「涼宮ハルヒの憤慨」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/04/22

復活の丸五

Maru5

改装のために一時閉店していた秋葉原のとんかつ店「丸五」が先日新装開店したと言うニュースを聞きまして友人4人と早速行って来ました。
午後1時頃、店の前に集合すると既に5人程の行列が僕らの前にありました。待っている間に店員さんが事前に注文をとってくれました。
それほど時間がたたずに店の2階席へ案内されました。
見渡したところ店内のレイアウト自体は以前とほとんど変らず、1階はカウンター席とテーブル席が2つ、二階は7〜8人がけの相席の大きなテーブルと以前は座敷だったところに6人がけと4人がけのテーブル席が1つずつと言う構造で、集客能力はさほど増えていない様子です。
さすがに新築だけあって入り口も自動ドアになっていたりとか小綺麗な店になっていましたが以前の風情のある店も捨てがたいですね。

Tokurosu

暫くすると注文した「特ロースかつ」が出て来ました。
味も以前と変らずジューシーで柔らかな肉の旨味が口中に拡がり、久々の丸五のトンカツを心行くまで味わいました。
今度行く時は「特ヒレかつ」をたのもうかな。

丸五で食事を終えた後は秋葉原の店を少し散策した後に御徒町のカラオケへ移動。そこで3時間程アニソンを絶唱(^^;
アニソン専用の歌本が以前からはあったのですが新譜の冊子にアニソンオンリーの物が出来てたのは驚きでした(^^;。
さらにその後は近くの居酒屋で夕食をかねて宴会と充実した一日でした。

よくよく考えたら今回は秋葉原で何も買い物してなかった・・・(苦笑)

尚、今回掲載した写真はデジカメを持って行くのを忘れたため携帯で撮った物です。
画質が悪いことをご了承願います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/15

カーリー

行きつけの本屋でお薦めになっていたので購入した「カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~」を読了しました。
第二次世界大戦開戦の直前、イギリス統治下のインドのヴィクトリア王朝のしきたりが残る海辺の町が舞台です。
大使としてインドに赴任した父の元へロンドンからやって来た少女シャーロットは不思議な雰囲気を持つ美少女カーリーと出会い、厳粛な女学校の寄宿舎でルームメイトになります。
シャーロットとカーリーはすぐに砂糖菓子の様な甘い関係になり百合好きにはたまらないですね(^^;
その他の同級生にフランス人のデザイナーの養女になった神戸出身で関西弁を話す娘とか、ちょっと内気だけど変な趣味を持ってる眼鏡っ娘とか、いじわるな縦ロールのお嬢様が居たり、その取り巻きの双子だとか個性派ぞろいです。
寄宿舎での人目を盗んでの真夜中のお茶会やったり、メイドさんが出て来たりと百合ものだけでなくヴィクトリアン物、メイド物が好きな人にもお薦めかな。
ただし物語後半になると戦争という現実に巻き込まれてシャーロットの出生の秘密を絡めて予想外の展開になります。
百合かと思っていたらどうも・・・・だったり(謎)
カーリーの正体は続巻ではっきりするのかなぁ?

ただこの作者の文章力にやや問題がありまして、何度も読み返さないと解りににくいところがあります。
例えば玄関前で話していたのに馬車に乗り込む描写がすっ飛ばされていつのまにか馬車の中でのシーンになっていたりといった感じですね。
まぁ物語としては十分楽しめましたので続きに期待します。

ファミ通文庫「カーリー ~黄金の尖塔の国とあひると小公女~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/09

アニメ新番組

4月になって1週間。今月スタートのアニメ新番組もほぼ出そろいました。
聞くところによると今期は週に60本以上もアニメ番組あるとか。
全てを見るのはまず不可能です。
かなり意識して観る番組を選んだのですがそれでも週20本前後にはなりました。

とりあえず1回目を観た印象では「ARIA the NATURAL」「スクールランブル2学期」「ああっ女神さまっ それぞれの翼」等の続編物で前作の評判も良かったものは安心して楽しめましたが、それ以外の新作では特に印象に残る名作というものがあまり見当たりませんでした。
これだけ数があれば昨年の「かみちゅ!」位のクオリティのあるものが1本くらいあっても良さそうなものですが世の中巧く行かないものです。
個人的には「凉宮ハルヒの憂鬱」なんかは爆笑しながら観てたのですが、これは原作読んでないとなにがなんだかさっぱり解らん代物でしょうね。(^^;

一方、往年の名作「機動戦士ガンダム」TVシリーズ、いわゆる1stガンダムのDVDがようやく出るとの報がありました。
これまでDVDになってなかったのが非常に不思議なのですが大いに期待しています。
これでやっと旧ザクやギャンの活躍が楽しめますね。(^^;
(できれば旧劇場版3本もオリジナル声優で出し直して欲しいです)

しかし新作アニメより30年近く前の作品の方が面白く思えてしまうのはやはり作品の質と言うのはCGとかの上辺の技術ではなくてドラマの完成度なんだなぁと思います。
監督をはじめ演出、脚本、シリーズ構成はもっとしっかりやって欲しいですね。(特にガンダムの名を冠した最近の作品は酷かった(^^;)

機動戦士ガンダム DVD-BOX 1 特典フィギュア付
機動戦士ガンダム DVD-BOX 2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

BLUE KNIGHTS!

Tr01

先日来から製作を進めていた1/35テスタロッサが完成しました。
(以降、画像をクリックすると別ウインドウで大サイズで表示されます)

ヒーロメカの重量感を狙って全体はメタリック系で塗装しました。
久々にレジンキットを組み立てたのでうっかり離型剤を落とすのを忘れてサフ吹きしてしまったため塗装は一回やり直してるんですよね。(^^;
レジンはシンナーどぶ漬けでサフが落とせるので助かりました。

Tr02
テスタロッサの特徴である頭部の角はデザイン藤田さんの指示通りに赤とブルーで塗り分けています。
背面は複雑なユニットの組合わせがカッコイイですね。


Zb01

こちらは先日発売されたシーエムズコーポレーションの完成品アクションフィギュアのゼルベリオス
ノンスケールですがサイズはほぼ1/35ですね。
各部単位で見れば形状的には結構良いのですが下半身が貧弱な印象を受けたのでこの写真の物はバランスをいじってあります。同製品をお持ちの方は見比べてみてください。
具体的には股関節を上方やや前に移動、足首関節も若干後方へ移動しました。また臑の下側の裾もグライディングホイール前側を切り詰めてあります。
これでかなり印象が変って藤田氏のデザインがに近いプロポーションになると思いますのでお試しあれ。

Blueknights

ベルゼルガを含めた青の騎士の愛機3体揃い踏み。
なかなか壮観ですなぁ。(^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/04/01

満開

Sakura

春真っ盛りと言うことで近所の川べりにある桜並木を撮ってみました。
今日は暖かい陽気で桜が満開でした。道ゆく人たちは花を見上げていましたね。

右上の方に何か映ってますが今日は4月1日ですし気にしないことにしましょう。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »