« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/30

運命の輪が廻り出す

コミケの入稿も完了して久々に週末に時間が取れました。
ということで久々に造型に手をつけました。ここ最近、あちこちで刺激を受けて何かを作りたくてうずうずしてたんですよね。

Yumeikei

モチーフはマイブームであるアカイイトからユメイ&桂。
昨年のドラマCD購入者特典として限定配付された壁紙が元絵です。確かメッセサンオーでゲーム発売時の予約特典テレカの絵柄だったかと。

この土日で一気にここまで出来ました。材料はスカルピーがメインで髪の部分は木部用エポパテ。
まだ服を着せてないので物凄くエロイですなぁ。(笑)
Hal氏のキャラは立体を比較的意識してるようで造型そのものはあまり悩まずにすみました。
ただ二人が抱き合ってるので最終的な調整に手間がかかりそうです。
あとはどこまでキャラの雰囲気に迫れるかですね。

今回は一品物のつもりで締め切りを気にせずに納得行くまで作ってみたいなぁと考えています。
複製してワンフェス等のイベントでの頒布は今のところ予定はありません。少なくとも来月のワンフェスにはディーラー申込みすらしてませんしね。
どこまでできるかにもよりますが取り敢えずコミケで文月さんのスペースにて販促用の看板娘として展示できればと考えてます。
そこで実際に見てもらってリクエストがあれば量産については考えてみると言うことで。(笑)

製作の途中経過は随時ここでお知らせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/24

SOS

TSPY_HARADONG.A

こんなことで世界を大いに盛り上げられたらイイ迷惑ですね。
皆さん気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/23

Kanon

Kanon

ここ数年は病気療養で活動を休止していた「つかもと工房」さんが久々に夏コミに参加するということでイラスト関係でお手伝いをしていました。
2年ぶりくらいにkanonキャラを描いたので新鮮でしたね。

つかもと工房さんの今回の新刊はゲーム本編のアフターストーリーで舞と真琴が水瀬家で暮らしていると言う想定の『M&M』シリーズ。今回で10作目という長編になってます。
それとKanonキャラが派手なガンアクションを繰り広げる番外編『冠野綜合警備』です。
『冠野』については銃器関係の綿密な資料が渡されましてそれを元に作画をしています。
御興味をもたれた方はコミケで是非つかもと工房さんに足を運んでみてください。

Kanonと言えばこの秋からBS-iでリメイクのTVアニメシリーズが始まりますね。
涼宮ハルヒの憂鬱で神憑かった作画を見せてくれた京都アニメーションの製作なので今から非常に楽しみにしています。

「つかもと工房」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/18

たとえ小さくても

ここ最近は職場に導入される新システムのアプリケーションのテストをやっていたのですが、最後の段階において動作しない不具合が出てしまいました。
先週はずっとその検証をやっていたのですが原因がどうにも解らずお手上げ状態。
そこで急遽本日は開発元のメーカにデータを持って対策を講じるため雨の中新横浜まで行って来ました。

メーカの技術担当と小一時間あーでもないこーでもないと検証したのですが、一向に動作する気配がなくほとほと困り果てていました。
そこに別の開発の人が通りかかったので参考までにデータを見てもらったところ、あるスクリプトの最初の行で1文字だけ記述が間違っていることを指摘されました。
それを直したところあっさり問題は解決(^^;
この間違っていた箇所はアプリケーションが自動生成してるので疑ってもいなかったんですよね。
スクリプトをアプリケーションで書き出す際の指示間違いが大元の原因でした。(それに関するマニュアルの記述が誤解を招く表現だったんですね)

結果的にここ一週間程僕を悩ませていたトラブルはたった1文字つまりデータ上では1バイトが原因だったわけです。
たかが1バイト、されど1バイト・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/17

入稿完了

夏コミで文月さんのサークルで出す新刊のアカイイト本向けの入稿が終りました。
100ページを超える長編用と言うことで描き下ろした挿絵は10枚。約一割が絵付きと言う豪華仕様ですよ(^^;
さすがにこの分量の枚数を一時期に描くのは初めての事でペースが読み切れなくて時間配分に苦労しました。
文月さんも初めての長編と言うことでかなり手こずった様ですが本文の方も無事脱稿した様です。
体験版ということで導入部が文月さんのサイトにありますので興味がある方は読んでみてください。

ちなみに下の絵は今回入稿した一部。
全然アカイイトと関係ないのはナイショだ(爆)

Comment

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/15

アオイシロ

アカイイト開発チームの次回作「アオイシロ」の制作にGoサインが出た様です.
今度は海の底の竜宮にまつわる話の様ですが。
内容の詳細はおって開設される公式サイトでの発表を待つとして、アカイイトの脚本を担当した麓川氏も引き続いて参加との事でやはり期待しちゃいますね。
確かアカイイトとは姉妹作になると本間プロデューサーも言ってましたし。
はてさてどんなゲームになるのか楽しみです。

アカイイト公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/13

あづい・・・

連日うだる様な熱さです。
それなのに職場の空調は環境対応だとかで28度に設定されています。
こちとらPCをガンガンに回して仕事する環境なのでその排熱だけでもしんどいのにこの温度設定はかなり辛い。
仕事やるモチベーションは下がる一方。
仕方なく20度設定のサーバ室にしばし逃げ込んでました(^^;

夕方に少し雨が降りましたが余計に蒸し暑くなっただけで半端な雨量は逆効果ですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/09

制作進行中

文月さんのサークルの夏コミ新刊「アカイイト」本用に描き下ろした表紙イラストの入稿が終りました。
今回は桂&陽子です。ゲーム本編では声のみの出番しかなかった陽子ちゃんが大活躍らしいです。(^^;
文月さんのblogに掲載されてますので興味のある方は御覧になってください。
この表紙イラストは夏コミ終了後に親サイトCGページに掲載予定ですのでお楽しみに。

引き続き現在は挿絵を鋭意製作中です。
その他にも夏コミ向けの原稿依頼が何件か来ておりまして、そちらの作業も併せてかなりテンパってます(^^;
毎年の事ながらこの時期は忙しいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/02

8th Kiss

8回目は隠しキャラの風紀委員、栗生恵でクリアです。

栗生恵はいわゆるツンデレですね。
当初は主人公に突っかかっていたのが次第に心を開いて行く様子が良い感じです。
男勝りの彼女が女の子として意識をしていく様は可愛いと言うか・・・。
初代TLSの春日千晴に通じるものがありますね。
出会った当初は校内でのエンカウントもなかなか出来なかったりマッチング会話に応じてくれなかったりなかなか手こずりました。
恋愛レベルが上がると結構さくさくと進められましが。
こうしてシステム上でもツンからデレに変化していく過程が再現されているのが魅力と言うものです。
(人前ではツン、二人きりの時はデレというのは間違ったツンデレの認識と念を押しておきます(^^;)

それにしてもラストアタックの体育館でマットに押し倒してキスってのはなんかすご過ぎです。(^^;
表情も完全に心許してる感じで・・・。
本作の中でも屈指のエロさです。(笑)

当然のごとく神風イベントも発生。(^^;
穿いてない・・・・・

あとオマケシナリオのためか菜々と同様にマッチング会話の内容が簡略化されていたのは残念でした。

てなわけで一通り全キャラが終りましたので攻略記は一旦終了します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/01

旅ゆけば猫

昨日6月30日は母の誕生日でした。
日頃の感謝をこめてプレゼントを贈ろうと数日前から考えていました。
うちの家族はみんな猫好きですが特に母は猫をこよなく愛していまして年明けに可愛がっていた猫が居なくなってしまったこともともあって寂しい思いをしていたようです。
そこで何か猫関係の物を探していたところ仕事帰りに立ち寄った書店で『旅ゆけば猫―ニッポンの猫写真集 』という写真集を見つけました。
軽く目を通したところ日本各地を訪れた筆者がその土地に馴染んだ猫たちのありのままを写真に納めた物のようです。
決して容姿端麗ではなく雑種のそしてその多くは野良と思われる猫達ばかりですが、こう言った自然体の猫の姿を母は好むと直感しまして迷わず購入しました。
ラッピングをしてもらいプレゼントの体裁を整えて帰宅。夕食時に母に渡すと「あ、猫だ」と微笑んで受け取ってくれました。

本日の午前中、余程嬉しかったのか所用で訪れた母の友人に自慢げにこの写真集を披露していました。
たった2000円足らずの写真集でしたが贈った甲斐があったと言うものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »