« メガネ、眼鏡、めがね | トップページ | 髪長姫 »

2006/10/03

「マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵」

マリみて「大きな扉 小さな鍵」読了しました。
って実は発売日は今日でしたね。(^^;
以下ネタバレ含みますので御注意を。

予想はしていましたが、今回でも瞳子問題は決着つきませんでした。
それでも瞳子が抱える問題が具体的に見えて来ましたし各キャラの立ち位置もそれなりに進展して来ました。
何となく結論は見えていますのであとはどう収束させるかですね。

それと瞳子に対する可南子や特にラスト近辺の乃梨子の友情がうるっときましたね。
これで背中を押されて瞳子は一歩前に進めるのじゃないかな?
祐巳は瞳子の扉の錠をはずしました。あとは中から扉が開かれるのを待つしかない様です。

ひとつ気になったのは本作では祐巳が妙に大人びて描かれている事に違和感を感じました。
作者のあとがきで違和感の理由には言及されているのですが、これまでは祐巳の一人称としての子供っぽさが目立っていたわけですが第三者の目からすれば当人が思っている以上に成長しているというとらえ方も出来ます。
でもそこに至る描写がすっぽり抜けてるように思えるんですよねぇ。
クリスマスの事件以降、本作までの約二ヶ月の劇中時間で祐巳が何を考えて決意したか曖昧なのは僕の読み込み方が浅いだけなのかな?
ここ数巻はずるずると話を引っ張り過ぎて冗長になってるのは否めないと思うのですが。
そこへ来て急展開なもんですから面喰らいますよ。(^^;

今回特筆すべきは白薔薇姉妹の描写かなぁ。もうなんというか甘々のデレデレって感じです。(^^;
P87の挿絵なんて破壊力抜群。電車の中で読んでたので周りの視線を気にしちゃいましたよ(笑)

|

« メガネ、眼鏡、めがね | トップページ | 髪長姫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/12137077

この記事へのトラックバック一覧です: 「マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵」:

» 【小説】 マリア様がみてる 「大きな扉 小さな鍵」 [TimeReversal]
【あらすじ】 瞳子も立候補した生徒会役員選挙。順当に祐巳、由乃、志摩子の3人が当選! クリスマス・イブ以来、遠ざかったままの祐巳と瞳子の関係。 乃梨子、祥子さらには柏木までもが心配しているのだが…。 月曜日、今年... [続きを読む]

受信: 2006/10/07 00:41

« メガネ、眼鏡、めがね | トップページ | 髪長姫 »