« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006/10/31

想定外の予想外

前のエントリでお伝えした様にソフトバンクの予想外割引きの発表を受けて初の週末は混乱に明け暮れた様です。
ソフトバンク側の発表では「予想以上のお客間様の契約が殺到したためのシステム障害」ということですが蓋を開けてみるとauの一人勝ちという結果に。
結局はソフトバンクからの転出が殺到してと言うことですね。(苦笑)
もしかしたら一時的にでも顧客の流出を止めるためにわざとシステムを止めたんじゃないか等と揶揄されてもいますが過去のソフトバンクの悪行をみればそれも致し方ないと思えます。
逆に顧客サービスを第一に出したauの戦略がその上を行ったわけで、やはり真っ当に商売はやるもんだと実感しました。

そうこう言っているうちにこんなニュースも飛び込んで来ました。

公取委:ソフトバンクの「0円」広告を景表法違反で調査

まさに詐欺まがいなやり方でしたから当然の結果でしょう。
あの週末の大混乱のさなかでもTVでは「¥0」のCMが繰り返し流されていたのが今後は自粛するかも。
店頭の「¥0」ポスターも撤去されるかもしれません。

こんなわけで今回の件でソフトバンクを解約する決心がつきました。(^^;
昨日、乗り換え先候補の某社のパンフレットを貰って来て検討していたのですが、そこの定額割り引きプランは単純明快で非常に解り易いものでした。
ソフトバンクの顧客をけむにまいてぼったくろうという複雑怪奇な予想外割り引きって一体なんだったんでしょうね?(^^;

昨年はライブドア騒動でホリエモンの「想定外」って言葉がはやりましたが今年は間違いなく「予想外」が流行語の仲間入りですね。

11/1追記
ソフトバンクは公正取引委員会が調査を始めたことを受け「0円」広告の見直しをすることを決めた様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/29

Show me the way to you

先週のプラモデル・ラジコンショーや模型雑誌等で既報の通りReal Robot Revolution(R3)第2弾はエルガイムMk2に決定しました。
年末位までに出てくれると嬉しいですね。
そんなわけでこの機会に組立途中で放置してあった1/144HGエルガイムを組み立ててみました。

Lgaim01

微妙に僕の解釈とは違うライン取りなのが気になりますが基本的にストレート組です。
唯一いじったのが頭部の高さですね。帽子部分を根元で2mmほど切り詰めて低くしてあります。
塗装もポイントを絞ってランドブースターの上に突き出た両サイドのフレームのメカ色が再現されてないのを塗ったのとシリンダー部のシルバーやアーマーの裏側のダークグレーを塗っただけであとは地色のまま。
後は墨入れ&トップコートの艶消しで仕上げました。

Lgaim02

背面から。
ランドブースターのボリュームが判るかと思います。
今回は何もしてませんがランダムスレートを開いた脚内部の表現がもの足らなさを感じますので手を入れるポイントでしょうね。

HGではMk2が残念ながら出なかったのでこのスケールでエルガイムと並べるには旧キットを使うしかありません。
R3では是非ともエルガイムとMk2の両方出して欲しいですね。
それと今度こそ1/100でバッシュを!
その際はバスターランチャーは設定画版の物を付属で。
あとは最終決戦再現のためにオージや(勿論、金色はメッキで)旧シリーズでは木型のみで終ったCテンプルとかもR3で出てくれると嬉しいですね。
さすがにBテンプルは無理でしょうか(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/28

週刊「アオイシロ」10月4週号

今週はサブキャラクター『桜井綾代』が発表されました。
うーん、なんでこういう美味しい娘をサブキャラであてがいますかー!?
ほんまP、あんたは鬼かー!(笑)
剣道部のマドンナ的存在でお姫さま系ですよ。アカイイトで言えば桂ちゃん並みのヒロイン。(を
梢子とのエンディングが見たくても見れない・・・(泣)
いや、アカイイトのノーマルエンドの陽子ちゃんみたいな位置付けに来るのか?
これまで発表されたサブキャラたちはどれも魅力的ですしせめて本編の中で活躍の機会を多くしてあげて欲しいですね。
お願いしますよサクセスさん。
さて残るは渋い感じの鬚の男性キャラ。はたしてどんな人なんでしょうか?

そしてほんまPの一言コーナーでは背景美術の一部が紹介されてます。
素晴らしく美麗な背景です。
夏の日射しを感じさせる空気感。なんとも透明感のある空と海。
さすが J.C.STAFF。アカイイトに引き続きイイ仕事してます。

先週号で紹介したアカイイト2周年記念プレゼント。やはり凄い倍率になったようですね。
これを手にする幸運な人は誰になるんでしょうか?当選発表は来週とのことですので刮目して待て!
あと当サイトでも使ってるアオイシロの応援バナーですが、もしかしたらアカイイト版も作って貰えるかもと言うことで期待しちゃいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/27

予想外

実は今、自分の携帯はソフトバンクだったりします。
でも好き好んでソフトバンクにしたんじゃなくて・・・・。
携帯買った時にはJ-Phoneと言うか東京デジタルフォンでいつの間にやらボーダフォンになり気付いたらソフトバンク。
だから端末にはいまだJ-Phoneのロゴが・・・(^^;

んで現在、ソフトバンクが予想外割り引きなる大キャンペーンを繰り広げてますね。
通話料、メール¥0とか端末代が新規でも機種変でも¥0とか。
おそらくは先日から始まったナンバーポータビリティに絡めてのシェア拡大を見込んだ戦略でしょう。
正直言ってソフトバンクには良い印象を持ってませんが、これにはちょっとくらっと来ちゃいました・・・。(苦笑)

でもタダ程高いものはないと言うか調べるとこれには色々と落とし穴があって、無料通話には結構制限があったりとか、端末代¥0というのも店頭持ち帰り時の頭金が無料なだけだったりとか、ほとんど詐欺みたいな話なわけです。
結果としてユーザにとっては「予想外」の出費が出る可能性があるんですね。

ソフトバンクと言えばヤフーBBでADSLモデムをタダで配りまくってなかなか無茶苦茶な商戦略を繰り広げて挙げ句は開通までかなり時間がかかる放置プレイをやったという経緯もあり儲けのためならなりふり構わずと言う印象があります。
さすがにユーザもバカじゃないので今回の件も用心深くなってるんじゃないかなぁ。
結局は愛想つかされてキャリアを他に乗り換える人がたくさん出て来る予感。
かく言う僕もそう考えてる一人だったりします。
ソフトバンクにとっては「予想外」の展開になる様な気がします。(^^;

余談ながらこのエントリは先程まで日テレで劇場版「デスノート」をみながら内容を考えてました。
自分がキラだったら迷わず「孫正義」とデスノートに名前を書いてたかも。(爆)
顔も名前も知ってるしね(^^;
さてこの「予想外」はユーザとソフトバンク、どっちの『正義』が勝つのかな?

参考までにリンクをはっておきます(爆)
JARO

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/24

アカイイトでイメージ検索

ふと思い立ってGoogleのイメージ検索で「アカイイト」を検索してみました。
現時点での結果がこれ↓(画像をクリックすると拡大表示します)

Image_akaiito

赤枠でかこってあるのは何らかの形で僕が関わっている画像です。
1ページ目で5件!
なんですか、この高いヒット率は?

なんか意味もなく嬉しいですね(^^;
アカイイト・ファンサイトのメジャーを目指すぞー!(を

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/22

アオイシロ応援バナー

とりあえずアオイシロ応援サイト向けのバナーをサイドバーに貼ってみました。
現時点で一番のお気に入りキャラの保美ちゃんバージョンです。

さてこれから色々ともりたてて行きましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/20

週刊アオイシロ10月3週号

公式HPでサブキャラ二人目「葵 花子」が発表されました。
眼鏡っ娘ですよ、眼鏡っ娘!
アカイイトでは居なかったのでサブキャラとは言え嬉しいですねぇ(^_^)

剣道部の顧問で熱血先生で呑兵衛と言うのは「まほろまてぃっく」の式条先生を彷佛とさせます。
CVは高田由美さんだったりして(^^;
百子と一緒にどう絡んで来るか楽しみです。

あとアオイシロ応援セットが配布開始されたんで当サイトでもドーンと利用させていただきます。
応援ページが準備出来ましららここで御案内しますのでお楽しみに。

ところで明日10/21はアカイイト発売から2周年なんですね。
ということで特別企画グッズプレゼントだそうです。

プレゼントの内容は僕自身はほとんど持っているものが多いので応募はひかえます。
なので当選確率が僅かばかり上がりましたので狙っている方はチャンスですよ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/16

京都旅行その3

京都旅行三日目。
今日は一日観光でまわる計画です。
朝9時過ぎに宿をチェックアウトして京都駅へ。
そこで荷物を一時預かり所へ入れてスルッとKANSAIカードを入手しました。
関東で言うパスネットカードに相当しますが電車だけでなくバスにも使えるのでとても便利。

Gosho

京都駅から地下鉄で北上して丸太町で下車。
京都御苑を抜けて御所まで散策しました。
広い園内は秋晴れの空の下ののどかな雰囲気で犬の散歩をしている人等もいました。


Ginkaku

京都御所からバスで東へ移動。銀閣寺へ。
ここは修学旅行の学生でも賑わっていました。
金閣と違って銀箔は貼られていないのでかなーり地味な建物ですが、それとは対照的に敷地内は起伏に富んだ立派な庭園となっています。
銀閣を出て徒歩で哲学の道沿いに南下。丸太町通りへ出たあたりにあったホテルのレストランで昼食。
なんでも5周年記念で555円でかなり立派な定食を食べる事が出来ました。
昼食後、東大路へ出てバスに乗り南下して清水へ。


Kiyomizu

バスを降りて土産物屋の並ぶ長い坂道を昇った先に清水寺がありました。
修学旅行で1回来た事があるのですが山肌に突き出た舞台は壮観ですね。
山の中の順路をまわり子安の塔や音羽の滝を見物して茶屋で休憩してひやし飴をのみました。ジュースとは違った味わいのある清涼飲料ですね。
清水を出て五条坂を下り五条方面へ。


5jo_ohashi

牛若丸と弁慶がというより個人的には烏月さんと鬼が闘った(^^;五条大橋です。
やっとアカイイトツアーの様相をだせました(苦笑)
五条=国道1号つまり東海道と言う事でかなり交通量の多い道にかかっている普通の橋で、昔話に出て来る様なアーチ状の趣は残っていません。かろうじて欄干のデザインが面影を残しているくらいですね。


33gendo

五条大橋から加茂川沿いに七条まで移動して三十三間堂へ。
内部は残念ながら撮影禁止でしたが1001体の千手観音像は連邦の物量作戦とかジオン驚異のメカニズム(笑)なんかをはるかに凌駕した光景でした。
前で矢通しが行われたと言う100mを超える建物のスケールも実感する事ができました。

ここで陽が傾き始めた頃合となったのでバスで京都駅へ戻り、帰りの新幹線の指定席の予約を入れて土産物の買物をして喫茶店で休憩。預けた荷物を受け取った後、帰路につきました。

花火や即売会等、単なる観光だけでなかった充実した三日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/15

京都旅行その2

Heianjjingu

京都旅行二日目。
本日は当初の目的である同人誌即売会「Maiden's Garden」の開催日です。
まずは東山方面へ出発。

Miyakomesse

午前10時ころに会場であるの平安神宮近くの京都市勧業会館「みやこめっせ」へ到着。
地方の小規模なイベントですが会場には既に一般参加者の入場町待ち行列ができていました。
僕が売り子の手伝いをしている文月の部屋では夏コミで出したアカイイトの二次創作小説「硝子の迷宮」とシムーン新刊コピー本を出展しました。
11時に開場、アカイイト本はまずまずの売れ行きで滑り出しましたがシムーンのコピー誌は苦戦してなかなか売れません。ふと疑問が浮かんできて文月さんに聞いてみました。
「シムーンって京都で放送されてたの?」(^^;
地方のイベントに参加するときはご当地の放送事情を事前によく調べておくという教訓でした。

午後3時に無事に終了。人の入りもなかなかあり大手と思われるサークルには行列もできる盛況さでした。
こういうイベントも新鮮でしたね。機会があればまた行ってみたいです。

閉会の少し前に地元の仲間と合流、ちょこっとお茶でもということで寺町通りへ。
商店街を抜けるとPCパーツショップやフィギュアの店、同人誌を扱う書店などが並んでいる一角が現れました。
そして僕たちが辿り着いたのはモデルガン等を売るミリタリーショップ。

Maid

入り口を入り2階へ上がるとそこはメイド喫茶でした!
それもただのメイド喫茶ではありません。メイドさん達は迷彩メイド服を身に付けています。
その名もカフェ・ド・ジュール
なんでも京都初のメイド喫茶なんだそうですが、いきなり超変化球で来てしまったようです。(笑)
メイドさんがオーダー厨房に伝えると「サー!イエッサー!」と返事が返ってくるという店内はミリタリー風に満ち溢れています
本日、初めて実戦(接客)に出たという新兵(新人)さんが古参兵(先輩)に指導を受けながら飲み物を運んでいる姿も見れました。少し失敗したりしてましたがそれも初々しく可愛いから無問題(^^;
この店では日によってはメガネデーとか猫耳デーとかやってるそうで今日はドジっ娘デーだったのかも(^^;

夕方になったので京都駅まで移動、焼肉屋で打ち上げをかねてOFF会をしました。
その後はカラオケへ。アニソンをみんなで堪能して楽しい時間を過ごしました。
ちなみにこのカラオケ屋は和室の座敷でした。
さすがは京都です。(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/14

京都旅行その1

突然ですがただいま京都へきています。
実は明日京都で開催される同人誌即売会に知人の文月さんがサークル参加するのでそのついでに仲間内で京都旅行をしようということになったわけです。


Kyototower

昼ごろ京都に到着。昼食後は金閣寺に向かいました。

Kinkaku

金閣寺を見るのは修学旅行以来です。
もっと金ぴかかと思っていたのですが意外と渋めの金色ですね。水面に映った情景がなんともわびさびを感じさせます。
その後は嵐山公園へ向かい渡月橋を見物しました。

京都在住の仲間から今日地元の祭りで小規模ながら花火大会があるとの情報を得ていまして会場へ向かいました。
京都駅から嵯峨野線で約1時間弱の八木駅で下車。そこからタクシーで20分ほど行った山中の神吉というところです。


Hanabi

15分間ほどで約400発の花火を堪能しました。
花火大会としては本当にささやかのものですが打ち上げ現場の間近で見ることが出来て迫力満点でした。
こういうイベントはなかなか貴重な体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/13

週刊アオイシロ10月2週号

先週はアカイイト関連で1回休んだので2週ぶりのアオイシロ情報です。
今回はサブキャラクター「秋田百子」が発表されました。
ほんまPの一番のお気に入りキャラらしいです。

今時の女の子って感じですね。サブキャラにしておくのは勿体無いと言うか・・・(^^;
アカイイトの奈良陽子的位置付けになるのでしょうか?
彼女がこだわる音楽の特定ジャンルってもしかしてメタル?(^^;

ところで秋田って姓ってことは経観塚の駅員さんとは血縁関係なのかな?

ゲーム製作も本格的に始まったようで期待してます。
応援セット がリリースされたらうちでも大々的に利用させていただきます。(^_^)


10/14追記
昨年の夏コミで麓川さんが出したアカイイトの同人誌「いつかのひかり」のあとがきに「丈太郎さんには孫娘がいて名前は百子」の記述がありました。
丈太郎と言うのは昨年のエイプリルフール企画でサクセスHPで公開されたアカイイト外伝「コクジョウ」主人公の秋田丈太郎。つまり若い頃の駅員さん。
これでアカイイトとアオイシロが繋がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/12

DivX6.4

ビデオコーデックDivXの最新バージョンDivX6.4が先週発表されました。
6.4でエンコードされたムービーをいくつかうちの環境(IOデータのLinkPlayer等)で再生してみて特に問題なさそうだったので6.2.5から昨日アップデートしました。

早速6.4でエンコードをしようとしたのですがトラブル発生。
僕はTMPGEncのバッチ処理でマルチパスの1回目と2回目を連続実行させているのですが1パス目開始と同時にエラーが出てエンコードが中断されてしまいました。
DivXの以前のバージョンではTMPGEncとの相性でエラーが出ることもあると聞いていたのでAVIUTLでもやってみたのですが結果は同じでエラーで止まってしまいます。
既に6.4でのエンコードを行っている知人に聞いてみたのですがAVIUTLで問題なく出来ていると言う事で行き詰まってしまいました。
最悪前のバージョンに戻さなければいけないかも・・・。

色々調べているうちにテンポラリフォルダのパスの記述が間違っていないかとの指摘があったので確認した所、存在しないディレクトリになっていました。
ビットレートやプロファイル等の設定は6.2.5から引き継がれていたので最初は疑ってもいなかったので盲点でした。
どうやら¥ProgramFiles¥DivX¥以下に前の設定のフォルダ名で勝手に指定してしまうと思われます。
このままですとマルチパスの場合はログファイルの書き出しが出来ないのでいきなりエラーになってしまう様です。
これを既存のフォルダに修正して、ようやく正常に動作しました。

DivX6.4になって画質は特に変っていないようです。処理時間が気持ち速くなったかなと言うぐらいですかね。
あとは1080のHDに対応したくらいでしょうか?
もっともそれを試すソースが手元にはないのですが(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/09

北朝鮮の核実験

ミサイルの発射実験に続いてやっちゃいましたね。
これで北朝鮮は世界から孤立してしまうのでしょうか?
色々言い分はあるだろうけど大量破壊兵器に関わる事を一方的な論理で展開されては迷惑どころではありません。
下手すれば世界中を巻き込んだ戦争にもなりかねませんから。
各国政府は毅然とした態度で相対して欲しいものです。
改めて平和って何だろうなと考える良い機会ではあります。

人が二人以上いれば何らかの争いごとは避けられないものなのでしょうか?
先日も朝の通勤電車の中で言い争ってる人がいました。きっかけは腕が当ったとか些細な事でした。
もう少しお互いに譲り合いの気持ちがあれば朝っぱらから不愉快な気持ちにならずに済んだのですが。
でも自分の主義主張や価値観を押し付けてばかりで相手の話を聞こうとしない事が多いですよね。

これは個人対個人だけでなく国同士にも言える事です。
9.11のニューヨークテロから既に5年経ちましたが相変わらずアメリカは世界を我が物顔で席巻しています。
なぜ敵が多いのか理解しようともしません。あくまでも自分が正義だと主張しています。

平和とはこの地上に人間がいる限り絶対に望めないものだなんて思いたくないですけど・・・。
現実は今も世界のどこかでは戦争や紛争が続いています。
まだまだニュータイプへの道は遠いのかなぁ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/08

F1日本グランプリ

本日は三重県の鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが開催されました。
さすがに現地までは行けないので昨年に引き続き生中継でTV観戦です。

今期で引退を表明してるM・シューマッハ(フェラーリ)と昨年のチャンピオンであるF・アロンソ(ルノー)が前回の中国グランプリで同点首位となり、この鈴鹿で今年のチャンピオンが決定するかもしれないと言う注目の一戦です。
予選ではシューマッハが前のグリッドについてスタート直後からトップに出て一方のアロンソも追い上げて2番手で猛追し激烈なバトルが繰り広げられました。
しかしレースは最後まで行かないと分かりませんね。残り15周と言う所でエンジントラブルでシューマッハがまさかのリタイア。
トラブルが起きたのは丁度CM中でした。民放だから致し方ないとは言えなんか釈然としませんね。しかも実況は的外れな事言ってるしワケの分からんアイドル連中にコメンタリさせたりレース後の会見は途中でぶった切られてしまうし中継番組としてグダグダでした。
フジテレビは何を考えてるんだか・・・。バラエティ番組なんかとゴッチャにして欲しくないですよ
たまに民放でアニメ以外の番組を見るとこうだもんなぁ。。
ニュース等の報道もなんか興味本位の演出で偏っているので本当に民放は腐ってしまったと再認識しましたね。

話をレースに戻して結局はアロンソの優勝で終りチャンピオンシップの行方は次回ブラジルまで持ち越される事に。
現時点のポイントではアロンソが王手をかけた形になりました。

他の見どころとして昨年の鈴鹿で逆転優勝したK・ライコネン(マクラーレン)が今年も予選ではふるいませんしたが5位入賞。
ライコネンは来期はシューマッハの後釜としてフェラーリへの移籍が決まっていますので活躍が期待出来そうです。

皇帝シューマッハが引退しアロンソ、ライコネン等の若手が台頭してF1も世代交替が進んでいる事を実感させるレースでしたね。

ちなみに赤い車体のフェラーリから青い車体のルノーヘ王者が受け渡されると言うのはアカイイトからアオイシロの流れに見えてしまうのはサガかなぁ(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

髪長姫

アカイイト公式サイトにてwebノベル特別編『髪長姫』が公開されました。
これは昨年夏のコミックマーケット68でアカイイトのシナリオ担当の麓川さんが発行した同人誌「いつかのひかり」に収録されていたものの再掲載となります。
同人誌と言う媒体だったので欲しくても入手できなかった人も多いかと思いますが、こういう形で公開してくれたのは非常にありがたい事です。
しかも同人誌版にはなかったHal氏の挿絵も追加されてサービス満点!
もうサクセスさんのある五反田の方へ足を向けて眠れませんね。(^^;

内容は桂が髪を長く伸ばしている理由のエピソードですね。
ユメイルートをベースにしてますので未クリアの方は御注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/03

「マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵」

マリみて「大きな扉 小さな鍵」読了しました。
って実は発売日は今日でしたね。(^^;
以下ネタバレ含みますので御注意を。

予想はしていましたが、今回でも瞳子問題は決着つきませんでした。
それでも瞳子が抱える問題が具体的に見えて来ましたし各キャラの立ち位置もそれなりに進展して来ました。
何となく結論は見えていますのであとはどう収束させるかですね。

それと瞳子に対する可南子や特にラスト近辺の乃梨子の友情がうるっときましたね。
これで背中を押されて瞳子は一歩前に進めるのじゃないかな?
祐巳は瞳子の扉の錠をはずしました。あとは中から扉が開かれるのを待つしかない様です。

ひとつ気になったのは本作では祐巳が妙に大人びて描かれている事に違和感を感じました。
作者のあとがきで違和感の理由には言及されているのですが、これまでは祐巳の一人称としての子供っぽさが目立っていたわけですが第三者の目からすれば当人が思っている以上に成長しているというとらえ方も出来ます。
でもそこに至る描写がすっぽり抜けてるように思えるんですよねぇ。
クリスマスの事件以降、本作までの約二ヶ月の劇中時間で祐巳が何を考えて決意したか曖昧なのは僕の読み込み方が浅いだけなのかな?
ここ数巻はずるずると話を引っ張り過ぎて冗長になってるのは否めないと思うのですが。
そこへ来て急展開なもんですから面喰らいますよ。(^^;

今回特筆すべきは白薔薇姉妹の描写かなぁ。もうなんというか甘々のデレデレって感じです。(^^;
P87の挿絵なんて破壊力抜群。電車の中で読んでたので周りの視線を気にしちゃいましたよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/10/01

メガネ、眼鏡、めがね

本日10月1日は「メガネの日」なんだそうです。
10月1日を「10-01」と書くと、両端の「1」がメガネのツル、内側の「0」がレンズに見立てられ、メガネのように見えるからなんだそうです。
ということで眼鏡っ娘の絵なんぞを書いてみました。

Girl01

最近視力が落ちてしまって買ってもらったばかりのおニューの眼鏡をかけてちょっぴりお姉さん気分のローティーンの女の子って感じですかね。
服も秋らしくシックでシンプルな雰囲気でまとめてみました。

眼鏡っ娘、万歳!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »