« アカイイト『経観塚』駅のモデル | トップページ | マリア様がみてる 『クリスクロス』 »

2006/12/22

週刊『アオイシロ』12月4週号

ほんまPの一言コーナーにてアオイシロ製品化についてのアンケートの結果第1弾が掲載されました。
おおむね予想通りかな。
パッケージのデザインはほとんどの人が「恥ずかしい絵でも買う」ということですね。
よきかなよきかな(笑)

あと漫画化の話も進んでいるようで期待大ですね。
新たなアカイイトの話がどうなるのか楽しみです。
片瀬先生の描く烏月とナミの公開が待ち遠しいですね。

それと「いつかのひかり」霜月ボーカルバージョンは是非とも実現してもらいたいです。
手元にある麓川さんの同人誌に載っている歌詞は1番だけでも心にしみるものです。
こうなったら各キャラクターのイメージソングも作ってボーカルアルバムなかを出していただければこのうえなく嬉しいですねぇ。


さて『リアル経観塚へご招待 第二弾 』も掲載れました。
今度は経観塚駅の駅舎のモデルですね。
早速、鉄道マニアな友人に推理してもらいました。


1.
駅舎の形状からすると閑散線区の駅だということがわかります。
また、駅名標が新しいタイプなので、比較的最近に交換された駅だということになります。
候補としてあげられるのは、「青梅線の青梅以西」か「五日市線」になります。

2.
写真を良く見ると、自動改札機が設置されています。
自動改札が設置されていない青梅線の青梅以西は除外。青梅線が消えます。

3.
となると、五日市線の駅だということになります。
ただし、終点の武蔵五日市は駅舎が高架化されているので除外。
起点の拝島駅は駅の規模からこんな駅舎はあり得ないので除外。秋川駅も同理由で除外。

4.
残る「熊川」「東秋留」「武蔵引田」「武蔵増戸」で検索かければ、該当の駅舎が見つかります。

ということで正解は「武蔵増戸駅」でした。

それにしても前回もそうですが、たった1枚の写真からここまで推理出来てしまうとは鉄道マニア恐るべしです。

|

« アカイイト『経観塚』駅のモデル | トップページ | マリア様がみてる 『クリスクロス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/13162743

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊『アオイシロ』12月4週号:

« アカイイト『経観塚』駅のモデル | トップページ | マリア様がみてる 『クリスクロス』 »