« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/28

秋葉原駅『アオイシロ』看板

本日、文月さんとJR秋葉原駅に設置された『アオイシロ』の看板を見に行って来ました。
文月さんとは電気街口の改札前で待ち合わせして現地到着してすぐの周りを早速見渡したのですが見当たりません。ほんまPのブログの写真から判断するに柱の上方で地図の上にあるはず。
写真を良く見ると柱の周りの風景からどうも改札内側から見たアングルのようです。
僕も文月さんもJRを使わずに秋葉原に来ていたので見つからないわけです。
これから行く方は御注意を。
取り敢えず食事や買物を済ませ切符を買って改札を抜け駅中へ。
改札脇の柱の上方に看板はありました。


Kanbaan

結構高い位置でQRコードを読取るのには手を結構伸ばさないと届かない高さですね。しかも看板自体が発光している上に外光が逆行で差し込んで来ますので非常に読取りにくく何度かリトライしてアドレスをゲット。
もっとも僕の携帯はQRコード非対応なのでここまでは文月さんの端末でやったわけですが。(^^;
この看板はなかなかポジション的に厳しいですよ。
ちなみに帰宅後デジカメでも撮影した上記の画像(実際はもっと解像度が高いです)をQRコード解読ソフトに読み込ませましたが巧く判別が出来ませんでした。

早速ゲットしたアドレスにアクセスすると携帯用の待ち受け画像がありました。しかも未発表の絵柄ですよ。
どんな絵かはここにはアップ出来ませんが見て損はないことは確かです。
サクセスさん相変わらず太っ腹です。秋葉原に出かける用のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/27

アカイイトのフィギュア

最近のこのBlogのアクセス・ログを調べてみると「アカイイト フィギュア」とか「羽藤桂 フィギュア」「アカイイト ワンフェス」と言ったキーワードで検索して来る人が少なからずいる様です。
そろそろ冬のワンフェスが近付いて来たのが理由だと思われます。
ゲーム発売から既に2年も経っていますが、いまだにそう言ったグッズの需要があるのは嬉しいですね。その半面、立体造型物のグッズがほとんど出ていないのは残念ではあります。
昨年の夏のワンフェスで1つだけアマチュアのディーラから鬼切りの鬼バージョンの桂ちゃんが出品されていたくらいですね。

御存じの方も多いかと思いますがこの「ねころぐ」はワンフェス等のイベントに出展していたディーラ「Legend Park」が母体となっています。諸般の事情でディーラ活動は数年前から休止しておりますが上記の様な状況をみるとそろそろ再び立ち上がるべき時期なのかなぁとも思えて来ました。
姉妹作『アオイシロ』も発表された関係で『アカイイト』の人気も再浮上して来た気運もあるので今年は良いタイミングなのかもしれません。引き続きアオイシロのフィギュアを出すきっかけにもなりますし。
とはいえ今度の冬のワンフェスにはディーラ参加すらしてない状態ですので早くても夏のワンフェスあたりからとなりますね。

実を言うと以前ここで紹介した羽藤桂ドールはフィギュア化のパイロット的な気持ちがあったんですよ。カテゴリは違ったのですがアカイイトの立体物の反応を見てみたかったんですね。
まだ自分の中では気持ちが揺らいでいるんで皆さんからの要望が強ければ可能性は高くなるので、アカイイト/アオイシロのどのキャラクターのどんなシチュエーションとか具体的な物から単に出して欲しいと言う物でもなんでよいですのでコメントやメールで意見をいただければ嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/26

週刊『アオイシロ』 1月4週号

ほんまPが以前から準備していたのは、どうやらJR秋葉原駅の電気街口に設置されたアオイシロの看板の様ですね。
「只今必死に開発中」の文字がなんとも・・・(苦笑)
応援せざるを得ないじゃないですか!(^^;
看板にはQRコードが記載されてますが、どこにアクセスできるのかな?
近日中に現場に出向いて確認して来ようと計画中です。

それと声優発表が2月1日にされることが告知されました。
色々と予想をしてきましたが果たしてどこまで当るか楽しみです。
ちなみに現時点での僕の予想&希望は以下の通り。

 小山内梢子:折笠富美子
  相沢保美:齋藤千和
  喜屋武汀:野田順子
    ナミ:後藤邑子
    カヤ:根谷美智子
   コハク:南 央美
  秋田百子:門脇 舞
  葵 花子:かかずゆみ
  櫻井綾代:山本麻里安
  鈴木佑快:麦人

昨年末の冬コミで文月さんが発行した同人誌に掲載の声優アンケートにはこれで投票しました。
ほとんどの人の予想の右斜め上を行ったかな(^^;
既成概念に捕われずにイメージに合う人を選んだんですけどね。
アカイイトに既に出ている人を除くと言う条件が意外と厳しかったですね。

さてコミック版『アカイイト』の烏月さんのデザインも発表されました。
思ったより優しい感じのお姉さんになってますね。
ゲーム本編よりは角が取れたキャラになったのかもしれません。(^^;
時間軸的にドラマCDより後の季節設定ということは冬の話なのかな?
まぁ烏月さんは真夏でも冬服ですから判別がつきませんけど。(^^;
(だから最初に発表されたのかも)
それにしても上から下まで真っ黒ですねぇ。さすが烏の文字を名に持つだけはあります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

超合金魂ギャリア オマケのドラン

先週のエントリで超合金魂ウォーカーギャリアのオマケキットのドランタイプの組立説明書で腕の組立指示が間違っているのではないかと指摘しましたが公式サイトで訂正が出ました。
やはり上腕と下腕は逆にしないといけない様ですね。


Durun01

正しく組んだ状態が上記写真です。
このように腕を畳んだ場合はこの組合わせでないとクロー部が肩と干渉してしまうので落ち着かないんですよね。


Durungallia

ギャリアとの比較です。
ボリュームだけで見るとどちらがオマケか分からなくなってしまいます(^^;
放映当時にキット化の予定が発表されたにもかかわらず実際には発売されなかった悔しさがやっと晴らせたので僕的にはOKなんですけど。
あとはR3で決定版の1/100ギャリアが出てくれれば文句無しです。


Dvd_box

先週から超合金魂ギャリア&ザブングルをいじり倒していて本編が観たくなってしまったので週末にアキバを巡ってDVDボックスを買って来てしまいました。(苦笑)
また出費が重なってしまいましたが三日も経てば後悔はなくなるでしょう。(笑)
DVDを観た感想はまた改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

週刊『アオイシロ』新年3週号

今週はアオイシロ関係の情報は発売中の『コミック百合姫』vol.7に漫画版アオイシロについての詳細は次号にてとの告知があったくらいですね。となると連載開始は夏の号からかな?

一方ほんまPの一言コーナーでQRコードの実験らしき様子が出ていますが携帯関係のコンテンツを用意してるのでしょうか?
月末頃の発表に期待しましょう。
でも僕の端末はQRコードに対応してないんだよなぁ・・・(^^;

アカイイトドラマCD『京洛降魔』の再販受け付けが始まりました。
おそらくこれが最後のチャンスかと思いますのでお忘れなく。

さて麓川さんの同人誌「むらさきのちへい」プレゼントは予想通りというか予定通り落選しました。(^^;
応募総数666件と言う数字は何か意味深ですが・・・。
そして落選者には粗品のプレゼントもありました。(^_^)
サクセスさんはあいかわらず太っ腹だなぁ。
粗品の詳細は敢えて伏せますけど今後もこう言った企画があった場合は遠慮せずに応募するべきですね。
前回のアカイイト二周年記念のときは悔しい思いをしましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/14

超合金魂 ウォーカーギャリア

W_gallia01

遂に発売になった超合金魂『ウォーカーギャリア』を入手したので早速レビュウです。
ウォーカーギャリアはあのガンダムの富野監督作品『戦闘メカ ザブングル』に登場する後半の主役メカですね。
荒廃した砂漠の惑星ゾラを舞台にガソリンエンジンで動く人型のウォーカーマシン(WM)が跋扈する西部劇風な世界観で、主人公のジロンが親の仇のティンプを追い求めるという活劇アクションです。
ザブングルは色々と型破りな作品でして、まずは主人公であるにもかかわらずジロンは不細工で美形でもなんでもないキャラです。
そして主役メカであるザブングルが大破して今回紹介するギャリアに交代してしてしまうことがあげられます。
主役メカ交代はそれ以前にジャンボーグA→ジャンボーグ9というのはありましたがザブングル以降は恒例の行事になってしまいました。
そのギャリア自体にしてもスマートな人型ではなくジロンの体型そのままな鈍重な建設重機の様なデザインです。それがまたなんとも言いがたい魅力なんですけどね。


W_gallia03

武装類はマシンガン、バズーカの他に上記写真のロケットランチャーとブーメラン型ランチャーが付いてかなり豪華です。
ほかにも色々オマケが付いてますがなかでも最大なのは同スケールのWMドランタイプの半完成品キットです。これは同じく超合金魂ザブングル付属のブラッカリともども機会があれば紹介しましょう。

オマケと言えば第49話「決戦!Xポイント」に登場する大型ミサイルのペーパークラフトが期間限定でダウンロード出来ますのでこちらもお忘れなく。

W_gallia04

今回の売りはなんといっても設定通りの合体分離ができることで御覧の通りギャリーホバーとギャリーウィルに分離出来ます。
WM形態時の腕や足もロック機構で位置がきっちり決まるので小気味良いです。
バズーカは分離時でも背中にマウント可能ですがラッチの嵌合が浅いので個体差でゆるい物がある様に思えます。


W_gallia02

20年くらい前に発売されたハイコンプリートモデル(HCM)ギャリアとの比較。
ほぼ同サイズですので超合金魂もスケール的には1/144と言えます。
プロポーション的にはHCMも悪くはないのですが超合金魂の方が格段に良いですね。足をハの字に開ける等可動部も進化してますのでポーズ付けもカッコ良くできます。
ただ一つだけ大きな問題があって足首が前側にほとんど動かないことです。そのため腰を落とした安定感のあるポーズが取れないのです。
ということでモデラーであるなら改修しちゃいましょうと手を入れてみました。


W_gallia05

どうも足首の可動を制限してるのは車輪が内部のビス止めボスあたりに干渉しているための様です。
まずは足首を分解します。
黒い靴底のユニットは簡単に外せますので次は上記写真矢印の二本のビスをはずすと左右の足首パーツが分離出来ます。そしてビス止めボスと底面をくり抜きます。
余談ですが車輪の側面に見える刻印は「INNOCENT」とあります。ここ以外にも数カ所に同様の刻印があるので探してみてはいかがでしょう。
ちなみに先に発売された超合金魂ザブングルにも「INNOCENT」刻印があります。

W_gallia06

加工済みのパーツを再度組直した状態です。ビスが1本無くなっていますが踵側の固定ピンがそこそこきついので大丈夫でしょう。気になるなら接着すれば良いでしょう。
足首を前に倒すと車輪が底面に開けた穴から飛び出します。この穴は靴底ユニットを取り付ければほとんど見えなくなります。


W_gallia07

加工後はここまで腰を落としたポーズが可能になります。
バズーカもしっかり構えられて重量感が出て来ました。
パーツにちょっとでも傷が付くのが気になる方でなければ試してみてはいかがでしょうか?


Xabunglegallia

超合金魂ザブングルとの揃い踏み。
これで同スケールのアイアンギアが後に立ってたら完璧なんですがね(爆)

超合金魂「ウォーカーギャリア」

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007/01/13

週刊『アオイシロ』新年2週号

ほんまPの一言コーナーにてコミック版「アオイシロ」のナミのデザイン画が公開されました。
この絵のラフ版は冬コミで片瀬さんが出した同人誌で見ていますが片瀬先生版のキャラは原画のHalさんのとはまた違った柔らかくもクールな感じがして可愛いですね。
ナミはトーンの使い方が最も難しいと思われるキャラなので先に仕上げてもらったと言うことですが、自分もアオイシロキャラを一通り描いてみた経験からナミが一番面倒臭いというのは身にしみています(苦笑)
あのややこしい衣装と装飾品の多さ、それに加えてボリュームのある髪で全体のバランスを取るのが難しいこと極まりません。さらに着物の柄でテクスチャが満載です。とても僕の画力では太刀打ち出来ないです(^^;
これを月刊マンガの連載で描く片瀬先生を尊敬しちゃいますよ。ぜひとも頑張っていただきたいと思います。

「アオイシロ」のストーリーとしては最初に体験できるのがこのコミック版だそうですが「アカイイト」の体験版PCソフトに相当するのかもしれませんね。
コミックRUSHでの連載開始を楽しみにしています。

それとmaglog登録者限定でほんまPから年賀状が届いています。
登録がまだの方はこの機会にどうぞ。内容は見てのお楽しみと言うことで。(^^;

麓川さんの同人誌「むらさきのちへい」プレゼントは既に応募者が450という状況で急遽ほんまP所持の1冊も提供されて計4冊に。年明けからのほんまPの太っ腹ぶりはまだまだ続いているみたいですね。
それでも競争率は100以上の狭き門です。
じわじわと右肩上がりの「アカイイト」の人気が「アオイシロ」との相乗効果で一気に爆発した感がありますね。
これまで地道に応援して来た身としては嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/10

太っ腹だよ、ほんまP(笑)

お年玉企画として2005年のエイプリル企画の『コクジョウ』体験版のDLが再開してます。
ありがとう>ほんまP

一応解説しておきますと『コウジョウ』とは第二次大戦終戦直後の経観塚を舞台にしたアカイイト外伝と言う位置付けです。
主人公の秋田丈太郎が大陸から復員して故郷の経観塚に帰って来るところから始まります。
それに若き日のサクヤさんや在りし日の笑子さん、鬼切りの一派等が絡みます。
冗談企画とは言えかなり真面目に作られていますので未体験の方はこの機会に是非やってみてください。
1/18までの期間限定ですのでお忘れなく。

そう言えばアカイイトで経観塚の駅員さんも秋田さんと言いましたね(謎)
そして丈太郎さんには孫娘がいてその名前は百子だと信頼できる筋からの情報もあります。(^^;
そう言えばアオイシロには秋田百子と言うキャラがいますよね(苦笑)

さらに昨年末のコミケでアカイイト/アオイシロのシナリオを担当の麓川さんが出した同人誌「むらさきのちへい」のプレゼント企画も1/11〜1/15の期間限定で実施されるそうです。
ノジミ中心の短編やHal氏やほんまPのイラストが掲載された逸品です。
コミケ当日はいつもより多い部数を用意したにもかかわらず午前中で完売してしまったレアな物です。
おそらく入手する機会は当面はほとんどなさそうなのでこのチャンスを逃さずに。
ちなみに自分は既に入手してますけどアカイイト2周年記念プレゼントのときみたいに落選者にも残念賞があるかもしれないので応募するかどうかは悩み所ですね。(苦笑)

1/11追記
応募フォームが公開されました。
落選者にもメールでの通知が行くそうなので、これは残念賞があるかもしれませんね。
メアドの記入は慎重に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/06

週刊『アオイシロ』新年1週号

年末年始をの休みでさすがに今週はアオイシロ関係の新しい情報はありませんね。
ここは製作スタッフの皆様には十分英気を養っていただいて今後の作業を頑張ってただきたいと思います。

それとほんまPの一言コーナーにて『いつかのひかり』CD化アンケートが実施されています。
是非とも皆さんの意見をぶつけて実現させたいので御協力をお願いします。
回答にはID登録が必要ですが重複回答を避けるためと思われますのでお手数ですがよろしく。
登録そのものは無料で出来ます。

ちなみに僕が回答した時点ではCD化を希望するが100%でした。
希望しないなんて考える人が居るとは思えないんですけどね。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

アカイイト 羽藤 桂ドール

Kei02

昨年末のコミケで御覧になった方もいるかと思いますが当日の看板娘として活躍したアカイイトの羽藤桂ドールを今回は詳しく紹介しようと思います。

Hazuki

実は今回の桂ちゃんドールを作る発端になったのがこれ。
『月詠 -MOON PHASE-』のヒロイン葉月のドールを入手したことにはじまります。
このドールはアゾンインターナショナルのピュアニーモというボディを使っています。
ボディーパーツを組み換えて様々なポーズがとれると言う物です。
従来の可動ドールは関節がロボット然として興醒めだったので僕自身これまで大して興味はなかったのですが、この葉月の商品写真を観てその愛らしさとボディラインも綺麗に出るのでフィギュアに近い物を感じて入手しました。
この葉月は座りポーズのBタイプボディのみのセットですので立ちポーズのボディも欲しいなぁと思いまして先月の下旬に秋葉原に別件で出かけたついでにそっち系のお店に行ったわけですよ。付属のマントも着せてみたかったですし。(^^;
早速Aタイプボディを無事入手して店の中を色々見ているうちに茶色の襟のセーラー服を発見。これは桂ちゃんの服に似てるなぁとと思って更に探してみると茶系のチェック柄のスカートまであるじゃないですか。これは巧く組合わせれば羽藤桂ドールが作れるんじゃないかと構想5分で急遽この立ちポーズのAタイプボディを使って桂ちゃんドールを作ることにしました。
間に合えばコミケで展示出来ますしね。


Kei01

まずは全身のショットから。
ヘッドは最初ボークスの物を使ってみたのですが頬が細すぎてイメージにあわずオビツの物を最終的に採用。
ボディ側に合わせて取り付け穴を拡げてやりました。
髪型をツインテールにしてリボンを結び前髪の形を整えてやりました。クリアスプレーを吹いて軽く固めてあります。
目はフィギュアモデラーとして気合い入れて描きました。なかなか桂ちゃんぽくなったと思います。
あとは薄くルージュや頬紅を入れて色っぽく。

上着は元々付いていた胸元のタイをはずしてグリーンのリボンに交換。
セーラーカラーのラインの数や裾の長さ等が設定とは細かいところが異なっていますが現時点では縫製の技術も道具もないので雰囲気だけ再現ということで。いずれ完全版を作ってみたいですね。
スカートやソックスは市販品のまま。

Phone

桂が持っている携帯です。
本体はスカルピーでヒンジ部分は1/100ガンダムのビームサーベルがちょうど良い大きさでしたので流用。(^^;
画面やボタン類はゲーム画面を参考にCGで描いて印刷した物を貼付けてあります。
ストラップ部はネックレス等のアクセサリー用部品の組合わせ。
青珠は本物のラピス・ラズリのビーズです。
ストラップだけで材料代が1000円近くかかってしまいました。(汗)


Kei03

皆さん気になっているスカートの中もほんまPも納得の公式設定準拠の縞パンです。 (爆)
コミケ会場では麓川さんにも確認していただきました。(苦笑)

今回製作にあたって調達した物は胸と髪のリボンとストラップの部品を東急ハンズで買った以外は下着も含めて秋葉原のラジオ会館内の数件の店で全て入手出来ました。
製作にチャレンジしてみたいと思った方は参考にしてみてください。
ちなみに総制作費は葉月ドールがもう一体買えるくらいかかっちゃいました。(^^;
ドールってお金のかかる趣味ですねぇ・・・・。
次は烏月さんやユメイさん等の他のアカイイトキャラやアオイシロのキャラにも挑戦してみたいですが色々な意味で敷居が高いです。


Kei04

葉月のパーツと組み合わせて色々なポーズに。
吸血鬼の葉月のつもりだったのが贄の血の持ち主の桂ちゃんになってしまいました。(^^;
結局きっかけになったマントは未開封のまま着せていません。(大汗)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/02

初買い出し

昨日の元旦は一日引き蘢ってゴロゴロしてたのですが、さすがに新年二日目ともなると息がつまって来たので午後から秋葉原に出かけました。

で、ふと立ち寄った中古ホビーショップで見つけちゃったんですよ・・・・。

Dougram

先日DVDボックスを観てから無性にダグラムのプラモが作りたくなってたんですね。特にソルティックが。
どうせ作るならボリュームのある1/48。
でも20年くらい前のキャラクター商品が今は新品があるはずもなく中古しか選択肢がないわけです。
年末にアキバに行った時も探したのですが、あっても1/72で結構なプレミアが付いてたり1/48でも旧タイプのダグラムだったり(これはストックを持ってます)なんで見送ってました。

それが今日は1/48がありました。しかもと24部隊のソルティックと後期に全面新設計で出たヤクトタイプ・ダグラムが!!!!
悩むこと数分、これらを買い求めてました。
値段は聞かないでくれ・・・・。運良くなのか悪くなのか手持ちがあったんですよ。(苦笑)
ガレージキットを買うのよりは安かったと言っておきましょう。
高い買物でしたが後悔はしてません。(^^;
あとは適当にぶらついて遅い昼食を取ってから帰宅しました。

帰宅後パーツのチェックをしてみましたがやはり昔のキットですので今の目では辛い物がありますね。
でも素性は良さそうなので色々手を入れて完成させてやりたいと思います。

実を言うと同じ店に1/48ブロックヘッドと1/48アイアンフットもあったんですよね。
それも結構なお値段で・・・・。
次回行くまで残ってると良いけど。いや無くなった方が自分のためなのか?
真実は見えるか?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

ということでお年玉代わりにCGギャラリーに昨日のコミケで頒布した本の表紙イラストを2点掲載しました。

アカイユメの方は再録本にもかかわらず新規書き下ろしで無駄に力入って3D CGまで駆使してたりします(^^;。
自分としては桂ちゃん大好きなので自然と愛がこもっちゃうんですかね。(笑)

あと、ほんまPからのお年玉でアオイシロの壁紙が公開されてます。
ただしリンク先にミスがあるようで壁紙2はファイル名を「001」→「002」としないといけないみたいですね。
そのうち修正されるかな?

さて今年もアオイシロをどーんと盛り上げて行きましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »