« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/28

週刊『アオイシロ』 4月4週号

コミックRUSH6月号買って来ました。早速『アカイイト〜花影抄(後編)』を読みましたよ。
今回は展開のスピードが早かったですね。
欲を言えば各キャラの掘り下げがもう少し欲しい所です。
サクヤさんや葛ちゃんの出番が・・・・(^^;
ページ数の都合でそれも難しいのは解りますけど。
前編では鬼に結構手こずっていた烏月さんですが今回はなかなか格好よく立ち回ってくれました。
ノゾミちゃんも美味しい位置にいたかなぁ。(^^;
それにしても前編のときから妙にローアングルなコマが多いですねぇ。(^^;

いよいよ次号からは『アオイシロ〜花影抄』の開始です。サブタイトルが同じ「花影抄」なのは意味深です。なんらかの関係があるのかな?
次号予告ではナミのイラストが描かれていました。
期待して待ちましょう。

アオイシロのゲーム本編の方ですがほんまPの情報によると今回も初回に何か特典が付くらしいです。
続報を待ちましょう。

増刷された 「アカイイト設定解説ファンブック」は既に品切れ状態になっている所が多い様です。
そんなわけで5/14には再増刷が発行されるそうです。
既に2年以上前にでたゲームのファンブックがここに来て大人気なのですから発行元のジャイブさんも驚いているでしょうね。アカイイトは地道にファンを増やしている様です。

そしてサクセス商店でサイン入りファンブックの受付が始まっています。
限定100部ですので激しい争奪戦が予測されます。
すでに自分は2冊持っているので応募しようか思案中。
これまでの経緯からすると抽選に漏れても残念賞があるかもしれませんからねぇ(苦笑)

どうでもいいですけどこの企画ページのタイトルが『アカイイト「リトグラフ」』になってるんですが・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復刻版ゼロX号 予約開始

4/25からついに復刻版ゼロX号の予約が始まりました。
予約締切は6/15ですが 限定3000個に達した時点で受付終了とのことですので興味のある方はお早めに。
発売は劇場版サンダーバード公開40周年記念日の7/15です。

今回の予約販売はネット通販オンリーと言うことになっている様ですが複数のサイトで受け付けています。

予約受付サイトリンク集

ということで自分も1つも予約して来ました。
でも19800円と言う金額は結構痛かったりします。ただこの機会を逃すと入手のチャンスはないかもしれないので・・・・。

単に今回の仕様の材料代だけを考えるのなら物凄く割高です。
でもゼンマイボックスやモータギアボックスのプレス型、ゴムタイヤの金型は新規に造り起こしてますのでその費用だけで数百万円はかかっています。そしてゼンマイボックスの組立費用や発見されたプラスチック部品の金型のメンテナンス費用があります。
あと一般の方は御存じないと思いますが樹脂の射出成型を行う場合には金型を射出成型器に載せて運転するのにチャージ料なるものがかかるのです。射出成型器そのものの減価償却やメンテナンス等の費用を回収するランニングコストですね。
さらに広告宣伝費、流通にかかる費用、諸々の経費がかかります。
これらは全て製品の単価に上乗せされるのですが通常の量産品の場合でリーズナブルな価格帯にするためには1万個単位の生産と販売で回収して更に利益を得なければなりません。

今回の復刻品の場合は3000個の限定数は商品の性格からすれば妥当というか希望的観測な需要予測の数字だと思います。
ということで通常の量産品とくらべれば一桁価格が上がってしまうのは致し方ないですね。
ほとんどガレージキットと同じ感覚になるかと。もし同規模のガレキであれば3〜5万円くらいにはなっちゃうでしょう。

さて復刻第2弾は何になるのでしょうか?
男の復刻倶楽部のサイトではムーントランスポーター(ルナキャリア)について触れてはいますが。
これの金型の行方と言うのは今もって不明ですからね。ある意味ゼロXより復刻は困難かも。場合によって当時の図面を元に金型を造り起こすなんて大技に出る可能性も考えられます。
もしかしたらゼロXの売リ上げの一部はこれの復刻費用に充当されるのかもしれませんね。
ということでルナキャリア復刻の御布施としてゼロXは買わねばならんのかなぁ?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/22

週刊『アオイシロ』 4月3週号

今週はほんまPが出稼ぎ仕事のため情報発信が止まってました。
いろいろ新情報もあったみたいなんですが・・・。

さて来週は『アカイイト〜花影抄〜(後編)』掲載の コミックRUSH6月号の発売ですよ。
お忘れなく。
そして来月号からはいよいよコミック版『アオイシロ』が開始です。
コミック版『アオイシロ』と言えばコミック姫百合での連載も7月発売号から開始だそうです。
こちらの方の作家は江戸屋ぽちさんという方らしいのですがサイトを見ただけではどんな風にアオイシロが描かれるのかまだ良く解りませんね。
続報を待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/20

PASMOとsuicaあれこれ

3/18のサービス開始以来、予想を超える好評につき在庫僅少となったため定期券のみの販売に制限が先週からかかっていたPASMOを本日やっと入手出来ました。

今回は磁気式の定期券からの移し替えだったのですが実はこれが巧くできるかちょっと問題だったのです。
事前情報によると3社にまたがるものは原則として1枚のPASMOにすることが出来ず特にJRをはさんで前後に私鉄の場合は不可能と言うことでした。
自分は東武←→JR←→東急と乗り継ぐ連絡定期を使っているので上記の条件に当てはまることになります。
3/18以来すっと定期券売場が凄い行列でどのくらい待たされるのか想像も出来ない状況でPASMOに移し替えが出来るかどうかも判らないのに並ぶ気がしなかったんですね。 でも今日は巧い具合に人が居なかったので駄目元で申し込んでみた所、あっさりPASMOに移し替えが出来てしまいました。

よくよく考えてみれば3社またがりの定期券は磁気式でも1枚にまとめるのは不可能なことが多いと聞いていますが自分の場合はこの時点で1枚に出来てしまっていたと言う実績があります。
おそらく東武、JR、東急の3社の間で定期乗車券販売の相互委託契約が結ばれていたからだと思われます。券面に(委)の文字が印字されてますし。
PASMOは磁気式定期券の情報を引き継ぐのですから磁気式で1枚に出来たのならばPASMOでも1枚に出来たんでしょうね。逆に言えば磁気式でも1枚に出来ない場合はPASMOでも不可能と言うことです。
ということで冒頭の問題は杞憂に終りました。
同じ様な条件の人は参考になるかな?

無事PASMOを入手して現在所持してるsuicaイオカードは不要になったので解約することになりますが、これにもまた問題があります。
デポジットの500円は勿論返却されるのですが、それ以外のチャージされている金額を返却してもらうのに手数料210円がかかるんです。チャージ残額が210円以下の場合はデポジット分しか戻って来ません。
これはPASMOを解約する時も同様なんですけどね。
そんなわけでここ最近はチャージ額を0にしていたんで定期券の範囲外のJRに乗るのにsuicaが使えずにいちいち切符を買わなければならないと言う不便をしいられてたんですよ。

便利な物のはずなのが、なんか思いきり納得行かないですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/18

復刻版ゼロX号 仕様決定

復刻版ゼロエックス号の製品仕様が決まった様です。
4/25〜予約受付なのでお忘れなく。
恐らく電撃ホビーマガジン誌上でも通販受付すると思われます。

それにしても19800円とは予想のはるか上を行く高額商品となってしまいました。
新世紀合金の倍近くです。
金型のメンテナンスやゼンマイボックスの新規開発のコストを考えれば致し方ないですが、複数買い込んでひとつはストレートに組んでもうひとつは徹底改修すると言うのはなかなか敷居が高い話になりましたねぇ。(^^;
新規設計で金型を起こした方が安く付くかもしれませんがそこは当時の仕様そのままで再現することに意味があるわけで。

さてこうなるとゼロエックスの次は何が復刻されるのかそろそろ気になって来ました。
ルナキャリアとかは無理なんでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/15

たまにはこんな週末も

ここ数カ月、色々バタバタしていて週末にまとまった時間が取れてなかったのですが、この土日は久々にじっくり時間を割くことが出来ました。
ってことでやり溜めていたことを始めてみたり・・・。

Ideon01

まずは先月末に購入した超合金魂イデオン。
全高300mmを超えるビッグサイズにずしりと手応えのある重量感。
しかも完全合体変形というプレイバリューの高さとグッドプロポーションの両立と言う値段分の価値はありますね。
しばらく時間を忘れて合体させたりして遊んでしまいました。(^^;
既にあちこちでレポートされてるので今更ここでは書きませんけどお勧めの逸品です。

超合金魂GX-36『伝説巨神イデオン』(バンダイ)


Fig01

本当に久々にフィギュアを作り始めました。
特にイベント向けとかそう言うのでなくて、ふと無性に創りたくなったモチーフがあったので手を動かし始めたんですね。しかも3体同時進行。
まだこれが何であるかは見ただけじゃ判らないかと思います。
形になるのを追々ここで紹介して行きますのでお楽しみに


Pgm_1

ガンプラのパチ組(^^; 1/144 HGUCパワードジムです。
これ買ったのいつだっけか?(^^; 半年以上前の様な気がします。
墨入れ&デカールとトップコートで簡単フィニッシュの予定です。
完成したらこちらで紹介します。

1/144 HGUC 『パワード・ジム』(バンダイ)

Fanbook

そうこうしていると楽天に取り寄せしていた「アカイイト設定解説ファンブック」が届きました。
奥付を見るとちゃんと第2刷になってますね。
実は初版も持ってるのですがアカイイト関連のCGを描いたりする際に参考にしていたので結構痛んで来てしまったので予備というか保存用にもう1冊欲しかったんですよね。でもずっと絶版状態でしたので今回の重版はありがたかったです。

アカイイト設定解説ファンブック』(ジャイブ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/04/13

週刊『アオイシロ』 4月2週号

昨日、4/12はほんまPの誕生日だったそうで。
その記念ということで1日限定でアオイシロのイベントCGが公開されました。(現在は削除されています)
見逃した方のために簡単に説明しますとトランプをしている小山内梢子の後ろからナミが抱き着いているという絵です。
もう甘々で百合んゆりん。益々楽しみになってきました。

「いつかのひかり」CDカップリング曲アンケートはダントツで「泡沫」に決定。
これに詩を付けるのはなかなか難しいとは思いますが麓川さんは真っ向から挑戦を受けるそうなので期待しましょう。

そして「アカイイト設定解説ファンブック」の重版がやっと出ました。
新刊ではないので書店に並びにくいとは思いますのでえ取り寄せをする方がいいでしょう。
ネット通販では現時点ではアマゾンはまだ中古プレミア品のみの扱い、楽天では取り寄せ可となっています。

あと「アカイイト・デジタル画集」なんてのも5/25に出るみたいです。
一体どんな物になるかまだわかりませんがアカイイトのアイテムが出ることは素直に嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/08

涼宮ハルヒの分裂

シリーズ最新作、読了。

ハルヒ達SOS団のメンバも無事進級して新学期。
新入団員獲得のために活動を始め、そこに生徒会が介入して一騒動ってことでもなく今回は別の意味でかなり緊張感のある展開でした。
まずはハルヒ達の敵対勢力(反SOS団と便宜的にここでは呼びましょうかね)がその全貌を現し始めたこと。
古泉的に言えばハルヒは神にも相当するわけですが、ハルヒに代わる神を反SOS団がかかげて来たわけですよ。この神ってのがまた一癖あるキャラなんで先が読めないと言うか・・・・。
そしてキョン的にはSOS団始まって以来の最大の危機をむかえます。
とりあえずキャスティング終了ってことで6月に刊行予定の「涼宮ハルヒの驚愕」に続いちゃうわけですが。
ここでも「あのね商法」ですかー!?(^^;

今回は色々と仕掛けがあって面白い作品になってます。
キョンの一人称と言う体裁を巧く使ったミスリードがあります。
誰が見ても明らかな事象なのにギャルゲーの主人公並みに鈍いキョン=読者は気付いていない、というか敢えて関心を持たせていないことが重要なキーとなってハルヒの精神状態が不安定になってしまいます。キョンは古泉に指摘されるまでその理由に気付かないんですね。
もしこの話が映像化されたらどうするのだろうかと。主観補正フィルターは文章媒体だからこそできる手法です。

そしてタイトルにもある分裂。
中盤からαとβの2つのルートに分岐してそれぞれが微妙に異なったストーリー展開が平行して描かれています。それぞれのルートでの各事象の内容を把握して行かないとこの先わけが解らなくなってしまうかも。
整理してメモっておいた方が良いかもしれません。

とにかくこの急展開はシリーズ中名作と名高い『涼宮ハルヒの消失』に匹敵する内容かもしれません。

『涼宮ハルヒの分裂』(角川スニーカー文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/07

マリア様がみてる『あなたを探しに』

マリみてシリーズ最新刊読了しました。
以下ネタバレですので御注意を。


結論から言えば「またか」ということ。今野先生はいつまで引っ張る気ですか!
もっとも瞳子の抱えてる問題も判明して祐巳とのわだかまりも氷解、二人の距離がぐっと近付いて結果は目に見えてる状況ではあります。その意味では非常に楽しませて貰えました。
瞳子が祐巳に全てを語り素直になりつつもまだ少し強がってる様は可愛いと思いましたね。ツンデレ万歳(爆)
あとはロザリオの授受を待つばかりと言うクライマックスが寸止め状態。小説であのね商法やられるとは思いませんでした。(^^;
次巻ではさすがにロザリオの授受だけでは間がもちませんのでまた一波乱起こそうって気なんでしょうか。
さっさと読者を安心させてくださいよー。
今作では祐巳と瞳子の話だけではなく志摩子と由乃のルートも平行して語られてますがこれらを次巻にまわして先に瞳子問題を決着つけて欲しかったですね。
いつまでもだらだら続けると折角の感動も台なしになってしまいます。

ところで最後の最後で蔦子さんがやっと登場したのですけど、この時笙子ちゃんも一緒だったんですか彼女はいつ新聞部に入ったんでしょうか?写真部じゃなくて?

マリア様がみてる『あなたを探しに』(コバルト文庫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週刊『アオイシロ』 4月1週号

アオイシロ声優オーディションの1次選考が終ったそうです。
400名を超える応募者の中から最終的に選ばれるのはどんな人なんでしょうか?

台本の漢字の読み方云々と言うことをほんまPが書いてますが 脚本の麓川さんの文章は全般的に荘厳な硬い文体ですので普段の会話では使わない言葉が多用される傾向があります。
アカイイトでは特に葛ちゃんが蘊蓄大王でしたので難解な語句満載で釘宮さんは苦労したんじゃないかと思います。
同様に今回のキャラの中では汀が漢字マニアの設定ですので難しい漢字がいっぱい出て来そうです。汀役の藤村さんには是非頑張って欲しい所ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/04/01

エイプリルフール

昨日のエントリーで今年はやらないとお伝えしたエイプリルフール企画、やってくれました>サクセスさん

若杉グループポータルサイト

これってアカイイト公式サイトのアドレスなんですよねぇ・・・。このBlogのサイドバーのバナーまで変っちゃってますよ。(^^;
新規でアカイイトで検索してやって来た人はサイト消失したかと勘違いするかも・・・・。
ちなみに4/9までの公開だそうです。
就職活動や転職を検討されている方は御参考に(笑)

昨日も書いた通り、もしかしたら何かあるかもと予想はしてましたが二重に騙されたことになりますねぇ。
ほんまP、あんたは大嘘つきだ(褒め言葉)

HDDレコーダー「Nozomika-1008」、まじに欲しいかも(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »