« 機甲創世記モスピーダ | トップページ | 週刊『アオイシロ』5月1週号 »

2007/05/03

岡崎律子さんを偲んで

シンガーソングライター岡崎律子さんが亡くなってそろそろ3年が経とうとしています。
命日の5/5も近付いて来たこともあって岡崎さんを偲んで本日は友人達と追悼カラオケに行って来ました。

岡崎律子さんとの出会いは1991年の10月から日テレ系で放送されたアニメ「魔法のプリンセス ミンキーモモ」(通称、海モモとか林原モモとか呼ばれています)まで遡ります。そのエンディング主題歌『ダバダバFall'n Love』の作曲を担当したのが岡崎さんでした。(歌は小森まなみさん)
僕が岡崎さんをアーティストとして意識し始めたのはその翌年1992年の5月に発売されたミンキーモモのドラマCD「雪がやんだら…」のメインテーマ曲『4月の雪』です。その叙情的で繊細なメロディと心にしみる詩、そして優しく包み込んでくれるささやく様なウイスパーボイス。一発で虜になってしまいました。引き続きミンキーモモ関連で多くの楽曲を提供して、シングルカットのオリジナル曲『悲しい自由』を経てついには1993年3月にオリジナルアルバム『Sincerely yours,』の発売に至ります。
その後のアニメ/ゲーム関係での活躍は御存じの通りで『フルーツバスケット』『ラブひな』『シスタープリンセス』等で不動の地位を築いたと言えるでしょう。
ですが2004年5月に病気のため他界してしまい本当に惜しい人を亡くしてしまったのが心から悔やまれます。

そんなわけで今日は岡崎さんの関わったが曲を中心に歌って来たのですが、岡崎さん自身が歌った物から声優さんに提供したもの、日向めぐみさんとのユニット「メロキュア」名義の物を含めるとかなりの数があり3時間程はあっという間に過ぎてしまいました。
個人的に好きな上記の『4月の雪』、『Happy,Happy,Birthday』(ゲーム「フォトジェニック」主題歌)、『約束』(ミンキーモモ最終回ED)等を僕自身は歌って来ました。

とにかく岡崎さんの歌は前向きなエネルギーに溢れ聞く人の心を暖かく包み込んでくれる不思議な魅力があります。落ち込んでいる時等に聞くととても力付けられますね。
もう岡崎さんの新しい歌は聞くことは出来ませんが色々な人に歌い継がれて行く名曲ぞろいです。
最近ではアニメ『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』主題歌で林原めぐみさんがカバーで歌った『A Happy Life』が記憶に新しいですね。

もう随分昔になりますが2ndだか3rdのオリジナルアルバム発売記念で大久保のライブハウスで行われたミニライブが岡崎さんに直にお会いした最初で最後になりますかね。
あの小柄の体のどこにあんなパワーがあるのだろうかと感心した物です。
帰り際に参加者一人一人と握手してくれた時の小さな手の感触が今も忘れられません。

|

« 機甲創世記モスピーダ | トップページ | 週刊『アオイシロ』5月1週号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/14943101

この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎律子さんを偲んで:

« 機甲創世記モスピーダ | トップページ | 週刊『アオイシロ』5月1週号 »