« 絶叫の騎士 〜 テスタロッサ | トップページ | マリア様がみてる フレーム オブ マインド »

2007/07/01

週刊『アオイシロ』号外 声優公開オーディション・レポート

Audition

本日アオイシロ声優公開オーディションに行って来ました.。
まずは入場整理券を受け取るために配布開始の11時に会場のJR秋葉原駅近くのレンタル会議スペース前へ。既に20〜30人程が並んでいます。
無事、整理券(写真の通りなかなか凝った造りです)と冊子を受け取って開場の12:30まで時間を潰します。
整理番号順に列形成をして入場。ステージまでが近い近い。
全体で100名弱って感じですか。女性の比率は20%くらい。結構多いですね。
会場内では何やらゆったりとしたBGMが流れています。どこかで聞いた様な感じだけど聞き覚えのない曲。
後で判ったのですがアオイシロのゲーム内で使われるBGMだそうです。
この時点でサントラが出たら購入することが自分の中で決定(^^;

そして13時になりいよいよオーディションの開始です。

ステージの袖口ではなく自分達が入って來た会場入り口から進行役の秋田百子役の大久保藍子さんがハイテンションで登場。自分が座っていた席のすぐ後だったのでかなり焦りました。まず最初のサプライズ。
大久保さんは百子をイメージしたのか白のブラウスにチェックのミニスカートと言ういでたち。髪型も似せてたかも。
続いてプロデューサのほんまPこと本間志乃さんが登場。まずはほんまPからアオイシロの作品紹介をするはずだったのですが「みんなアカイイトはプレイしてる?」「アオイシロの公式HPはチェックしてる?」の質問に会場内のほとんどの人の手が挙がったので「じゃぁ作品紹介は省略」ってことに・・・。なかなかスピーディーにイベントが進行して行きます。(苦笑)
その後にオーディション審査員入場。
審査員はほんまP、シナリオの麓川さん、原画のHalさん、声優グランプリのカワウチ編集長、相沢保美役の山口立花子さん、そしてなんと小山内梢子役の日高のり子さんが!またまたサプライズです。
続いて最終選考に残った10名が入場。この中から桜井綾代役と葵花子役に各1名ずつが選ばれるわけです。
尚、一般観覧の僕達にも投票することが出来ましてこれとオンライン投票と審査員の評価を総合して結果を出すわけです。
いよいよ本番開始。一人ずつ台本を読み上げながらオーディションが進んで行きます。
内容はオンライン投票の物をベースにしたものです。
応募総数約500名から勝ち上がって来ただけあって皆さんなかなか巧い。オンライン投票のサンプルよりも更に磨きがかかって甲乙付けがたい状態です。審査員も一般観覧者のみんなも真剣に演技を聞いている緊張した空気が漂っていました。

そして無事全員の演技が終了。
別室で審査員が結果を討議している間にCD『いつかのひかり』が披露されました。
残念ながらボーカルの霜月はるかさん御本人はいらっしゃれませんでしたが、透き通った歌声と情緒溢れるサウンドは感動ものでした。
バックにはプロジェクタでアカイイトのイベントCGをまとめたスライドが投影されてなんとも良い雰囲気です。時間がない中なのにスタッフのアカイイトへの思い入れが感じられます。
そしてここでさらにサプライズ。
カップリング曲の『泡沫』までもが披露されたのでした。
作曲のMnyoさんが頑張ってくれたそうです。
まさに背筋が凍り付く様な感じと言うか言葉では表せない素晴らしさです。ぞくぞくしました。
ミックスダウンがかなり凝っていてなんというか立体的なボーカル構成になっています。
バックには烏月さんと主とのバトルシーンのスライドが投影されてカッコ良さが爆発!
これはCDの発売が楽しみですね。

この後ほんまPからアオイシロの情報。
まずは気になる発売日です。
現在シナリオの完成が50%。それが終って音声の収録、スクリプト(これも麓川さんこだわりの作業だそうで時間かかりそうです)の作成と進んでマスターアップ、SONYチェックが完了してから2ヵ月後ほどに発売・・・。
と言う感じで年を越すか越さないか・・・年越ししてからトントンってなあたりらしいです。
そしてイベントCGは200枚以上。
隠し要素が沢山あるのでまずはシステム関係を色々いじると良いそうです。(^^;

あと既に発売から2年以上経っているアカイイトは今でも受注があるとか。
普通はこの手のアドベンチャーは発売後半年くらいでしぼんでしまうそうですが息の長い作品となっていているようでファンとしても嬉しい限りです。

当初のほんまPの進行が良かったのか思いのほか早くオーディションが進んだため時間の余裕が出来たと言うことでアカイイトとアオイシロに関するほんまPによるQ&Aが行われました。
要約すると以下の様な感じです。

Q1
オーディション台本の葵花子の電話の相手がアカイイトのあるキャラに良く似ているが?
A1
アカイイトからのファンはニヤリとする仕掛けを色々しているので是非アオイシロをプレイして自分の耳で確かめて欲しい。

Q2
アカイイトの昔の葬式シーンでサクヤが慰めている半ズボンの子供は桂と白花のどっち?
A2
白花。桂はこの時点からスカートをはいている。 (この項のみ麓川さんの回答)

Q3
年少キャラのナミは同じく年少組の葛と同じ様な短いシナリオの扱いになるのではないか?
A3
今回はアカイイトの反省を踏まえて作っているので、そうはならない様にしているので安心して欲しい。

Q4
コミック版のアオイシロはどのくらいの期間の連載なのか?
A4
RUSH、百合姫とも1年間の予定。人気の度合いによっては延長もあり得るのでアンケートハガキは是非とも出して欲しい。特にRUSHは発売後1週間以内に出すと効果的。


そしてついに審査終了。結果発表です。

桜井綾代:吉成由貴さん
(選出理由)声質が一番綾代のイメージに近かった

葵 花子:鈴木麗子さん
(選出理由)演技の幅が大きかった

見事、選ばれたお二人は本当におめでとうございます。
これからは僕も応援して行こうと思います。
日高さんがコメントしていましたが、いかにキャラのイメージに近いか声質で決まることもあり落ちた人も決して実力がなかったからではないので落ち込まないでほしいと言うことでした。この辺の心遣いが優しいですねぇ。
誰が選ばれてもおかしくなかった状況でしたので、これはキャラとの縁と言うしかないです。
その中でも吉成さんは綾代のイメージトレーニングのために歌を作って歌ってみたり今日身に付けていた服は御嬢様な綾代を思い起こす可愛いピンクのワンピースだったりと地道な努力が功を奏したのかもしれません。

こうしてキャストが決定したわけですが初仕事と言うことで選出されたお二人と日高さん山口さんの4人でアオイシロのゲーム画面に合わせて生アテレコです。
合宿の食事風景でしたがなんと和尚の役を日高さんが二役で演じてくれました。場内大爆笑です。(笑)
またまたサプライズですね。(^^;
通常ゲームの声の収録は一人ずつ別々に行うので一同に会する機会はこの後あるかどうか。今日は非常に貴重な場だったわけです。

ということであっという間に2時間が過ぎ今回のイベントは終了。
ここで百子ちゃんからとっておきの秘密情報。
声の収録は9月から開始。
OP/EDの収録は終了。ボーカルは霜月はるかさんとRitaさん。(ほんまPにはナイショだそうです(^^;)

|

« 絶叫の騎士 〜 テスタロッサ | トップページ | マリア様がみてる フレーム オブ マインド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/15618374

この記事へのトラックバック一覧です: 週刊『アオイシロ』号外 声優公開オーディション・レポート:

» ブラウスのある生活 [ブラウスのある生活]
ブラウスってどうですか?小さな子供から、ステキな大人まで誰が着ても、似合ってカワイイ。そんなブラウスが大好きです。 [続きを読む]

受信: 2007/07/02 00:51

» アオイシロ 公開声優オーディション イベントレポートリンク集 [徒然不定記]
 2007年7月1日に行われた、「アオイシロ」公開声優オーディションに参加された... [続きを読む]

受信: 2007/07/02 23:09

« 絶叫の騎士 〜 テスタロッサ | トップページ | マリア様がみてる フレーム オブ マインド »