« 週刊『アオイシロ』号外 声優公開オーディション・レポート | トップページ | MG ザクII ver.2.0 »

2007/07/06

マリア様がみてる フレーム オブ マインド

色々と忙しくてツン読(ツンデレとは無関係)になっていたマリみてシリーズ最新刊読了しました。
今回は短編集ですね。過去に雑誌コバルトに掲載されていた7偏と書き下ろし2編、そしてブリッジ部で写真をテーマとして各章に導入すると言う造りになっています。
写真と言うことで蔦子さんの出番が多いのは個人的には嬉しかったりします。(笑)

一部メインキャラが主役の話もありますが今回の短編はリリアン女学園の名もなき生徒達がメインです。(「温室の妖精」では遂に本名が明かされなかったキャラもいるくらいですし)
こうしたマリみて世界の日常を埋める話は肩の力を抜いて読めるのでほっとしますね。
番外編なのせいか突拍子もない話も少なくありません。
「四月のデジャブ」や「ドッペルかいだん」なんかはちょっとトリッキーで楽しめました。
ほとんどの小偏ではほのぼのとした感じですが「三つ葉のクローバー」あたりはちょっと切ない系で珍しくどろどろとした人間関係が見えかくれしたり「不器用姫」に至っては結末での突き放され方はやや衝撃的でした。
とはいえそこはマリみてなのでそれなりにソフトなオブラート加減ではありますが。
そんな中で「黄色い糸」は江利子が令を妹にするくだりを描いているのですが、これがあの江利子ならさもありなんと言う脳天気なノリが可笑しいと言うか微笑ましいと言うか。

通して読んでみて感じましたがロザリオの授受こそしてないですが蔦子さんと笙子ちゃんは立派に姉妹してますね。ある意味最強のカップリングかも。

姉妹と言えば前巻で寸止め状態でお預け食らった形の祐巳と瞳子の決着は今度こそ次巻で付くのかな?

マリア様がみてる フレーム オブ マインド(集英社コバルト文庫)

|

« 週刊『アオイシロ』号外 声優公開オーディション・レポート | トップページ | MG ザクII ver.2.0 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/15674902

この記事へのトラックバック一覧です: マリア様がみてる フレーム オブ マインド:

« 週刊『アオイシロ』号外 声優公開オーディション・レポート | トップページ | MG ザクII ver.2.0 »