« 初音ミクにみる最近の動向 | トップページ | 新世紀合金『レギオス』 »

2007/11/03

コミック版『アオイシロ』感想

Comicrush12
 大変遅くなりましたが『コミック百合姫』vol.10と『コミックRUSH』12月号掲載のコミック版『アオイシロ』の感想です。
 掲載誌が複数に渡るとチェックする楽しみも倍なのですが溜め込むと苦労も倍以上になります。(^^;

『アオイシロ -青い城の円舞曲-』(百合姫)

 保美と梢子の出会いエピソードですね。 前回は百子視点でしたが今回は保美視点で話が進みます。
 入学式で気分が悪くなった保美を介抱してくれた凛々しい先輩を捜しまわるのですが百子の友情パワー炸裂です。ただ百子の保美に対する気持ちは保美自身は全く気付いてないみたいですねぇ。百子のフレンドリーな性格はそう言う意味では逆効果のようです。
 保美にしてみればお姫さまだっこまでされちゃってオサ先輩にメロメロなわけで他に目が行く余裕なんぞはないのは解りますが・・・。負けるな百子!
 さて今回は保美と梢子の過去のつながりらしき描写がありました。これはゲーム本編でも重要な伏線になりそうな感じです。
 それはともかく剣道部の部長と副部長はイイ味だしてますねぇ。特に眼鏡っ娘の副部長は再登場してくれないかなぁ。(笑)


『アオイシロ -花影抄-』(RUSH)

 異形の物の上陸に出くわした梢子とナミ。危機一髪と思いきや汀の登場で事態は思わぬ収束をしてしまいます。我感知せずと言った風のナミ。あっけにとられる祥子。訳知りそうな汀。それぞれの立ち位置が微妙に見えて来て面白かったですね。
 そんな彼女らを遠くからうかがうコハクも意味深な台詞をはきます。果たして太公望とは釣り竿を持った汀を指したのか?鬼切りという言葉も出て来ました。汀の真意は一体何か?謎は深まるばかりです。
 今回のサービスシーンは海水浴で合宿メンバーの水着姿を堪能。オサ先輩にあんなビキニを選んだのは誰の趣味でしょうか?(^^;
 ほのぼのとした状況は長くは続かず一転して荒天に。その時、海の底で梢子が見た女性のイメージは誰なのか?ここでも過去の記憶になんらかの鍵がある様な感じがしますね。
 ところでナミには「こんなこともあろかと」百子あたりは持ち込んだスク水でも着せた方がウケが良かったかもなぁ。(爆)

 2008/01/07に『アオイシロ -花影抄-』単行本1巻の発売が決定したそうです。
 ほんまPも2ページ書くとのことですし 楽しみですね。
 巻末特別読み切りで『アカイイト -花影抄-』前後編も収録されるかな?

|

« 初音ミクにみる最近の動向 | トップページ | 新世紀合金『レギオス』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/16964049

この記事へのトラックバック一覧です: コミック版『アオイシロ』感想:

« 初音ミクにみる最近の動向 | トップページ | 新世紀合金『レギオス』 »