« 『ねんどろいど 初音ミク RQ ver.』&『ねんどろいどぷらす 初音ミク/はちゅねミク』 | トップページ | Project "f" vol.2 「初音ミク」フィギュア ヘアメイク編 »

2009/10/12

Project"f" vol.1 「初音ミク」フィギュア始動

Sumnail
 初音ミク・ドールを当サイトで発表して以来、各方面で大きな反響をいただきましたが、もともと自分はフィギュアモデラーということでいつかはフィギュアと言う表現手法でミクを作ってみたいとずっと考えていました。
 色々思うことあってフィギュア製作からはしばらく遠ざかっていたのですが最近になってテンションが上がって来ましたのでミク・フィギュアの製作に着手することにしました。

 まずはプランニングです。
 計画名はフィギュアのFを取って「Project "f"」とします。
 他にも"L"とか"M"とかあったような気がしますがそこは聞かない約束で(^^;
 スケールは手に馴染んだ大きさで1/8とします。

Basic
 取り敢えず全体のバランスを出すための簡単な図面を起こしました。
 ミクの身長は158cmなので1/8で197.5mmとなります。
 直立ポーズで描いていますが後に関節ごとにばらしてポーズ付けすることを前提としています。

Sketch
 ポーズ案のイメージスケッチです。
 ミクのフィギュアはこれまでも多くの方が作られていますので後発の自分としては他とは何か違うことをやってみたいと考えていました。そのためのモチーフが見つかったというのも今回製作を始めた動機のひとつです。
 その仕掛けは追々明らかにして行きたいと思いますので 実は先の図面もそうですが細かい所は敢えて描き込んでいません。

Sculpey
 材料は慣れ親しんだスカルピーです。
 今回からはグレータイプの物を使用します。


Face00
 人形は顔が命ということでまずは頭部から製作開始。
 2時間ほどスカルピーを盛り削りした結果がこの写真です。
 下地にあるのはアルミ板です。こうした平の物の上で作業するのはシンメトリーを出しやすくなるためです。

Body00
 図面に合わせてボディーパーツをラフに作り上げました。
 芯として3mmのアルミ線が入ってますのでこのあと関節のところで折ってポーズ付けします。欠けた所はまたスカルピーを盛る作業になります。


Rough00
 足りなかった腕の芯を加えてラフにポーズ付けした状態です。
 これに肉付けして行きます。


Legs00
 作業性をあげるため下半身を分割してから脚部に肉を盛り付けました。
 ミクの魅力の一つは脚線美ですのでそれを意識しながら作業を進めます。


Build00
 ということで現時点での全体の状態です。
 観ての通り今は自立してますけど製作が進んでバランスが変ってくれば難しいでしょうね。
 特にあの長いツインテールが付けば自律は不可能でしょう。

 つづく

|

« 『ねんどろいど 初音ミク RQ ver.』&『ねんどろいどぷらす 初音ミク/はちゅねミク』 | トップページ | Project "f" vol.2 「初音ミク」フィギュア ヘアメイク編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/46470303

この記事へのトラックバック一覧です: Project"f" vol.1 「初音ミク」フィギュア始動:

« 『ねんどろいど 初音ミク RQ ver.』&『ねんどろいどぷらす 初音ミク/はちゅねミク』 | トップページ | Project "f" vol.2 「初音ミク」フィギュア ヘアメイク編 »