« 「VOCALOID 初音ミク プレミアムフィギュア」レビュー | トップページ | 初音ミクAppendを使ってみた »

2010/05/04

「トエト ソフビフィギュア」レビュー

00package
 巡音ルカの人気PV「トエト」がグッドスマイルカンパニーからソフトビニール製フィギュアとなってリリースされました。


01front
 トラボルタ氏らしいメルヘンチックで和み系の楽曲とかわいらしいイラストで人気を博した「トエト」ですがその魅力を余すことなく立体化しています。
 このなんとも言えないホンワカとした表情とたたずまい。
 しかも全高が20cmくらいある大きいものです。この存在感は一家にひとついかがですか?って感じですよ。

02angle
 色々な角度から。
 ネコ型の帽子がかわいいですねぇ。
 欲を言えば帽子が着脱できるギミックがあればよかったかも。

03rear
 付属の台座には後ろ髪を支えるパーツが取り付けられます。
 頭が大きくいので重心が高くなって不安定かと思いきや中空のソフビなので意外と軽いため普通にディスプレイするのには問題はありません。


04with_luka
 トエトは巡音ルカの派生キャラということでねんどろいどルカと並べてみました。
 この本家を超えるボリューム感は圧倒的ですね。

05with_miku
 その大きさを実感するためにグッスマ1/8スケールの初音ミクと並べてみました。
 身長はほぼ同じですがスレンダーなミクに対してのボリュームの差は歴然としています。

 このトエトの原型を担当した中村文年さんに以前お話をうかがったことがあるのですが実は全てデジタル3Dデータで原型が製作されているそうです。つまり粘土やパテを用いずPCの中だけで造形されたということです。最終的にはデータを3Dプリンタで出力してマスターにするのだとか。
 これまでもフィギュア付属物の台座とかメカや武器などカチッとした物の原型は3Dデータで作られていたそうですが、こういったゆるい感じの有機的なものまで出来てしまうとはびっくりです。
 今後も3Dデータは色々な場面で活用されていくとのことです。

 ちなみに3Dデータの造形が出来る人材をグッスマ社は欲しているそうなので腕に自信がある方はチャンスがあるかもですよ。


|

« 「VOCALOID 初音ミク プレミアムフィギュア」レビュー | トップページ | 初音ミクAppendを使ってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75351/48265112

この記事へのトラックバック一覧です: 「トエト ソフビフィギュア」レビュー:

« 「VOCALOID 初音ミク プレミアムフィギュア」レビュー | トップページ | 初音ミクAppendを使ってみた »