« 【積プラくずし】RG 1/144 ガンダム試作1号機ゼフィランサス | トップページ | 【積プラくずし】RG 1/144 ガンダムMk-II〔エゥーゴ仕様〕 »

2019/05/26

【積プラくずし】メカコレクション 「地球連邦アンドロメダ級一番艦アンドロメダ」&「宇宙戦艦ヤマト2202」

今回はメカコレシリーズからヤマト2202から2種です。

Img_0303

シリーズNo.1アンドロメダとNo.2ヤマト。

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」は「宇宙戦艦ヤマト20199」の続編であり旧ヤマトシリーズ「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」および「宇宙戦艦ヤマト2」のリメイクです。
今回レビューするキットは2202に登場する地球連邦の艦隊旗艦と改修を受けたヤマトがモデルです。
シリーズの初っ端に旧作でも人気の高いがアンドロメダを持ってきましたね。
ちなみに2番艦以降も色替えや一部パーツ変更でキット化されています。

 

まずはアンドロメダから。

Img_0304 Img_0305 Img_0308

キット自体はブルーグレイ1色のランナーなので艦首、ブリッジ中央、下部インテイク、主砲前部にオフ・ホワイト、エンジンノズルをジャーマングレイ、波動砲内など各部にレッドの部分塗装をし、墨入れとマーキングシール貼付け後に艶消しトップコートを吹いて仕上げています。

 

Img_0314 Img_0316
フォルムは劇中のCGデータを元に設計していると思われ良好です。小スケールでありながらモールドもシャープで密度感もあります。

 

Img_0318
アンドロメダといえばこの前方からのパースですね。
全長140mm程度の小ささなのでパースの効いた写真を撮るのはかなり苦労しました。

 

続いて宇宙戦艦ヤマトです。

Img_0319 Img_0320 Img_0321

こちらのキットはグレイと鑑底部のレッドの2色のランナーで特に塗り分けは不要でした。
墨入れ&トップコートで仕上げています。
アンドロメダもそうですが主砲の砲身は1mmもないので破損しないよう組立時には注意が必要です。

 

Img_0332 Img_0333 Img_0331
様々なアングルから。
第一次改修で絞り込まれた艦首のラインがよくできています。ディティールもアンドロメダ同様シャープですね。
このキットには大気圏内飛行用の主翼展開状態のパーツも付属しますが今回は主翼収納状態で組んであります。

 

Img_0327
で、ヤマトといえば波動砲がドーンと突き出したこの前方パースですね。
アンドロメダよりさらに小さい全長130mmなのでこの写真の撮影の苦労は言わずもがなです(笑)

 

アンドロメダとヤマトの比較写真です。
Img_0336 Img_0337

2202の設定ではアンドロメダは400m級とかなり大型化してるので同じ縮尺であれば大きさの差がもっとあるはずですが、メカコレはイメージ優先ということこんなもんでしょう。
旧作さらば&2でのスケール差に近いとも言えます。


無断出撃したヤマトを迎え撃つ山南艦長のアンドロメダの図。
Img_0338
緊張感あふれるこのシーンは2199でのドメルと沖田の対峙のオマージュでもあると最近気づきました。


以上、メカコレ「地球連邦アンドロメダ級一番艦アンドロメダ」&「宇宙戦艦ヤマト2202」のキットレビュウでした。

|

« 【積プラくずし】RG 1/144 ガンダム試作1号機ゼフィランサス | トップページ | 【積プラくずし】RG 1/144 ガンダムMk-II〔エゥーゴ仕様〕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【積プラくずし】RG 1/144 ガンダム試作1号機ゼフィランサス | トップページ | 【積プラくずし】RG 1/144 ガンダムMk-II〔エゥーゴ仕様〕 »